校章

校章

縄北の北に広く地域文教の雄として新しく発展するように、北の文字を丸く表現し、その中に7人の子どもたちが腕を組み合わせ、明るく、たくましく、仲良く助け合いながら小学校を囲み、みんなで守り育てようとの象徴として制定された。

 

校歌

縄手北小学校 校歌

作詞 今中 楓渓
作曲 樋口 昌道

 

枚岡の宮 ほど近く
文化のめぐみ 身にしめて
正しく 強く ほがらかに
時代の民と 伸びゆかん
梅の林も 春くれば
花がさ白く 匂わずや
見よ縄手北 楽しき学校
          
生駒ね高き 白雲に
高き希望の 影おいて
知能をみがき 身を鍛え
時代の民と 伸びゆかん
河内野渡る さや風は 
明るき窓に 通わずや
見よ縄手北 楽しき学校

 校舎画像

  ※校歌誕生エピソード(縄手北小学校第3代校長 故 澤田 覚氏より)                                               縄手北小学校長 水谷九寿彦先生は、創設されたばかりの縄手北小学校の初代校長でもあり、予てより、自分の在職中に校歌を作っておきたいと志しておられた。水谷先生の奥様が、大阪府立寝屋川高等女学校在学当時の恩師 今中楓渓先生が、有名な「野崎参り」の作詞家でもあり、最近まで数校の小学校の校歌を作詞されたことを水谷先生に話されたことから、「早速お願いしてみよう」ということになり、今中先生の快諾を得、今中先生は早速縄手北小学校を訪問され、学校周辺の環境を身をもって体験された上で、作詞が出来上がり、曲の方も、予てよりパートナーとして懇意な樋口昌道先生(当時、大阪放送局、音楽担当)に依頼することになり、素晴らしい校歌が生まれた次第である。                                           

 

児童数

 

年度

合計

平成5年度

303

261

564

平成6年度

277

248

525

平成7年度

262

241

503

平成8年度

253

224

477

平成9年度

221

219

440

平成10年度

214

227

441

平成11年度

204

222

426

平成12年度

222

218

440

平成13年度

229

211

440

平成14年度

221

222

443

平成15年度

223

230

453

平成16年度

210

226

436

平成17年度

201

231

432

平成18年度

180

229

409

平成19年度

175

211

386

平成20年度

174

189

363

平成21年度

187

179

366

平成22年度

184

173

357

平成23年度

193

160

353

平成24年度

189

152

341

平成25年度

185

141

326

平成26年度

169

142

311

平成27年度

140

132

272

平成28年度

130

121

251

平成29年度

122

117

239

平成30年度

111

115

226

 

クラス別(平成30年度)

クラス

人数

1-1

19

1-2

18

2-1

35

3-1

19

3-2

19

4-1

33

5-1

22

5-2

22

6-1

39

    H.30.4.1現在