学校の沿革

 

明治44年 4月1日 御幸尋常小学校と四条尋常小学校を併合、縄手尋常小学校を創立(枚岡南村、池島村組合立)

大正2年  4月1日 高等科併設、縄手尋常高等小学校と改称

昭和16年 4月1日 中河内郡縄手国民学校と改称

昭和19年9月15日 大阪市立大江、桃丘国民学校学童集団疎開のため、4教室転用

昭和22年 4月1日 縄手町立小学校と改称(児童数1797人)

昭和23年      運動場西北隅に給食炊事場を造る

昭和29年 6月1日 学校分離(縄手町立縄手北小学校開校)に伴い、縄手町立縄手小学校と改称

           (分離後の児童数1388人)

昭和36年9月16日 第2室戸台風により、西木造2階校舎全半壊

昭和38年4月15日 西校舎鉄筋3階建15教室新築

昭和39年4月15日 上記校舎引継ぎの日を開校記念日とする        (児童数1667人)

昭和41年3月29日 西校舎北側に鉄筋3階建校舎(職員室等及び8教室)を新築

昭和42年 2月1日 3市合併により東大阪市立縄手小学校と改称(児童数2019人)

昭和42年 4月1日 学校分離(縄手南小学校)

昭和45年 7月   東校舎新築(児童数2368人)

昭和46年      児童数2639人、62学級

昭和47年 4月1日 学校分離(池島小学校)

昭和48年 4月1日 学校分離(上四条小学校)

昭和58年 6月   プール竣工

平成18年11月25日 文部科学省の「伝えあう力を高める調査研究事業」委嘱  研究発表大会開催

平成19~20年度  文部科学省の「児童生徒の心に響く道徳教育推進事業」委嘱

           文部科学省の「小学校英語活動等国際理解活動推進事業」委嘱

平成21年度     創立百周年

平成22年4月17日 創立百周年記念前日祭

平成22年4月18日   同上 記念式典