家庭学習の手引き 

 低学年用 

 中学年用 

 高学年用 

 

 平成30年度学力向上だより

  No4 

  No3 

  No2 

  No1 

 

 学校図書館を活かした教科の授業づくり

 3年生国語の「もうどう犬の訓練」の学習後に、盲導犬について調べたいことを班ごとで考えた。インターネットで検索すれば簡単に情報が手に入るが、膨大な情報が入ってくるため3年生にはその取捨選択が難しい。そこで学校図書館を利用することとした。

 子どもたちが調べたいこととしては、訓練までの1年間の様子や、訓練を終えた盲導犬がどうなるのか、また、目が見えない人はどのように情報を得るのかなど、様々な疑問が生まれたようである。

 学校図書館の「総合」の区分けになっているところから本を探すが、まずは関係のありそうな本を取り出した。その後、各班の調べたいことの載っている本のページを選んで付箋をつけ、その中から取り出したい情報を決めさせた。本を使っての調べ学習は冊数も限られるため、全員で一斉に動くことができない。そのため、図書の時間に各班から一人ずつ交代で移動することとした。

 その後、班で調べたことを一枚の紙にまとめ、発表し、お互いの調べたことを共有した。今後もこのような、学校図書館を活用した教科学習をすすめていきたい。

【学力向上支援コーディネーター】