校章

 

めざす学校の姿

 

 「楽しい学校、子どもたちが生き生きと活動する学校」

 「友達を思いやり、みんなで助け合う学校」

 

 

 めざす子どもの姿

  1. 元気な子 (健やかな体の育成)
  2. 考える子 (確かな学力の育成)
  3. 助け合う子 (豊かな心の育成)

 

 

 めざす教師の姿

  1. 元気な人 (意欲と活気に満ちた職員室)
  2. 考える人 (互いに磨き合い高め合う教職員集団)
  3. 助け合う人 (協働体制による学校運営)

 

 

平成29年度 4つの重点的な取り組み

 

1.    落ち着いて学習に取り組む習慣・規律・環境づくり

①「授業態度」、「ノートの取り方」、「家庭での宿題」など、基本的な学習習慣・学習規律の確立を目指す。

②「辞書の使い方」、「調べ物学習」など、「学び方を学ぶ」学習場面を意図的に授業の中で設定することで、自ら学習に取り組む力の育成を目指す。

③「板書の仕方」や「宿題の出し方」など、学力向上に向けて学年がチームを組んで授業改善に臨む。

④「学年だより」、「学級懇談」、「家庭訪問」、「ホームページ」、「家庭学習の手引き」など、様々な手段や場面で、家庭学習の大切さや、生活習慣と学力向上の関連性について児童・保護者に伝えていく。

⑤清潔で整理整頓された教室環境の中での学習を心がける。

 

2.    「ともに学び、ともに育つ」集団づくり (一人ひとりを大切にした人権教育の推進)

①児童に対する極め細やかな実態把握と個別の支援を通して人権を尊重した教育を推進する。

②一人ひとりを大切にした特別支援教育を推進する。

③すべての児童が他学年の児童と関わり合うことが出来るように兄弟学級や異学年との交流活動を一層充実させる。

④グループ学習やペア学習を推進し、人権の視点に立った「仲間づくり」に取り組む。

 

3.    子どもをやる気にさせる授業づくり (校内研修を通した授業力・教師力の向上)

①児童が、「楽しい」、「わかる」、「できる」と実感することが出来る授業づくりを日々心がける。

②教室の中で学習していることと社会とのつながりを常に児童に意識させ、児童の探究心が深まるように授業を工夫する。

③個々の児童の理解度やニーズに合わせて指導方法や教材を工夫することで、これまで以上に児童の学習への意欲を喚起する。

④児童が自分の考えや感情を表現する力を伸ばすことができるように、また自尊感情を高めることができるように、教育課程全体を通して児童が学習の成果などを発表する機会を増やしていく。

⑤外国語活動(3年生以上)においては、児童が英語で自己を表現しコミュニケーション力を高めることができるように、言語アクティビティを積極的に使った年間カリキュラムを開発する。

⑥地域の支えのもとに発展してきた本校の総合学習(蛍の学習など)がさらによいものになるよう取り組んでいく。

⑦研究教科を「国語」に一本化し、年間を通して研究授業を行い課題を明らかにすることで、「自分の考えをまとめ、言葉で伝える力」の育成をめざす。

 

4.    地域や保護者に信頼される学校づくり (児童の健全育成のための地域連携の推進)

①   中学校ブロックにおける幼・小・中・高の連携を進める。

②   保護者・教職員・地域住民の協動体制づくりを推進する。

③   地域教育協議会を中心とする地域連携を更に発展させる。