6年生の今日の学習は、算数の「面積と体積のおよその数」公式の当てはめる前に、大体どのくらいになるか、予測してから、計算してみるということです。

 数が大きくなると、計算間違いが増えるので、検証する必要が出てきます。