4年生は、算数科の「角」の学習補充と漢字の習得をめあてとして、自分の習熟度に合わせて、学習を進めていきました。

 「学びの姿勢づくり」として、自ら進んで、学習することが肝要です。