単元「単位量あたりの大きさ」をペア学習・班学習を取り入れながら、学習を進めました。

 習熟度に配慮しながら、授業を進め、一人ひとりの子どもが思考の過程を意識しながら、意欲的に取り組んでいました。