◆「道徳」授業研究発表 2年生(H30年9月26日)

 

2年1組

 

2年2組

 

主発問を考える

 

研究協議

 

道徳「評価」に対する研修

  当日は、公開授業と研究協議の講師として、大里校長(小阪中)・定井校長(池島中)にお越しいただき、講評および評価についての講義をしていただきました。中河内地区の各校からも来校されました。

  

◆校区4校園 教職員合同研修(H30年7月、9月)

 本年度のブロックの活動、小中一貫教育の計画、各グループごとの会議を行いました。

 

◆校区4校園 教職員合同研修(H30年4月9日)

 新年度、各学校園では教職員の人事異動があり、新しく赴任された先生方の紹介と今年度の中学校ブロックの活動計画や各グループごとの会議を行いました。

   
   

 

◆教職員合同研修(H29年10月3日):「愛着障害」

 講師 : 米澤 好史(よねざわ よしふみ)先生

         (和歌山大学教育学部教授)

講師の米澤教授には和歌山からお越しいただき、6時間目の授業参観ののち教職員研修の講演をしていただきました。「愛着障害」について、基本的な事柄・知識から教職員がわきまえておかねばならないこと、生徒への接し方等についてわかりやすく教えていただきました。

 

 
   
   

 

◆教職員「救命救急研修」(H29年6月5日):心肺蘇生法

 

まずは養護教諭によるプレゼンを使った説明から始めました。

 

人形を使っての心臓マッサージ、AEDの扱い方のおさらいも

 

水泳授業を目前に控えて

 

先生方全員、真剣な面持ちです

 

■ 自主的?? プレ発表

H29年1月20日(金)昨年度からの研究指定を受け、今年が2年目。

来年の11月には本発表となりますが、校区4校園でプレ発表大会を開催!

 

切り株やカードを使った内容で

園児たちも楽しんでくれました

中学3年生の保育実習

心の授業 コの字形机配置で

   

 

柏田中学校区ブロック研修

 

7月4日に柏田小にて、前半は各クラスの授業を参観し、後半は全体会で、グループで課題について話し合い、あとで発表しあい、分かち合いを行い、有意義な研修が持てました。

 

司会の李先生

各グループの発表をまとめながら、会を進行しました。

  グループの発表をする車谷先生と米川先生、生徒の自学の大切さと、その取り組み方について発表しました。
  グループの発表をする諫山先生、外国人教育の取り組みのあり方について発表しました。
  グループの発表をする安田先生、各校で平和教育をどのように展開していくべきかについて発表しました。
  グループの発表をする増田先生、生徒指導の取り組み方について発表しました。

 

授業力向上研修 
  6月の教員研修では、大阪府教育センターより吉野谷主任指導主事に来ていただき「授業力向上」について研修しました。
  全教員が班に分かれて、真剣な討議が続きます。
     
  「学ぶ意欲を大切にしたい」と熱く語る吉井先生グループ
  総合的な「生きる力」を力説する諫山先生グループ
  学びの集団づくりについて、発表する中島先生グループ…等、どのグループからも貴重な提案が出されました。今後もすべての先生の授業力の向上を目指して研修を進めていきたいと考えております。

 

救急救命法研修 
  6月、プール授業を前にして、教職員全員で、西消防署の協力のもと、心肺蘇生法の研修をしました。(心臓マッサージをする東野先生)
  AED(自動体外式除細動器)の使い方の見本を示す安田先生。学校は生徒の命を守る場所であることを自覚して、今後も安全教育に取り組んでまいります。

 

 研究授業①の実施 
  6月、校内では、英語と体育の授業について、全教員で参観し、授業の改善点などを討議しました。(ICT活用の板書について討議した英語の授業)
     
  研究授業反省会の最後には市教委の本多指導主事、漆原指導主事から講評をいただき、教育フォーラムについて「期待しています」と激励がありました。

 

 英語指導法研修

  柏田中では、これまで大阪教育大:加賀田教授の全面的な協力のもと、英語科教員の指導法について、ご指導をいただいています。(3年生の授業を参観する加賀田教授)
  3年生の習熟度別授業で、ピクチャーカードを提示する玉尾先生
  フラッシュカードで文法をまとめる車谷先生
 

カラーチョークの使い方を工夫し、板書を見やすくした吉井先生。

加賀田教授、今後も柏田中の生徒の英語力向上のために、ご指導ご助言を、よろしくお願い致します。

 

集団づくり研修

 

本校では、これまで立命館大学助手の梁陽日(ヤンヤンイル)先生のご指導のもと、よりよい学びの集団づくりをめざして、研修を続けてきました。

  この日も、生徒1人ひとりが安心してすごせる、いじめや仲間はずれのない、学級集団づくりについて、グループ討議を重ねました。
  生徒の人権を大切にする集団の必要な要素について話し合うグループ。
  どの先生も、自分が担当する生徒の顔を思いうかべながら、研修に取り組みました。

 

近畿大学、英語村見学

  5月のある日、本校の英語科担当の先生で、近畿大学の英語村を見学しました。
  これは本年度、本校が府教委の「使える英語プロジェクト事業」や市教委の「英語村事業」を受けたことにより、本校に新設する「英語村」教室について、その運営を勉強することがねらいです。生徒のみなさん、楽しみにしていてください!