学力向上の取り組み

柏田小学校の学力向上に向けた取り組みを紹介していきます。

平成30年度、全国学力学習状況調査の学校分析です

20180928-144004.pdf [353KB pdfファイル] 

 

平成29年度、学校教育自己診断アンケートの結果分析です

20180305-095905.pdf [352KB pdfファイル] 

H29年度、全国学力学習状況調査の学校分析です

20171130-111225.pdf [169KB pdfファイル] 

 

H28年度、学校教育自己診断アンケートの結果分析です

20170307-192245.pdf [167KB pdfファイル] 

H28年度、全国学力学習状況調査の結果分析です

 20170307-192220.pdf [153KB pdfファイル] 

 

 

①放課後きらめきタイム

 授業の中での学習のつまずきに対して、個に応じた学習支援を行います。子どもたちが自主的に学習できる場として、おもに週1日、放課後きらめきタイムを実施しています。放課後の時間を利用して、補充問題や反復練習を実施することで、自信を持って学習に取り組む意欲と姿勢を身につけていってほしいと願っています。

 

≪放課後きらめきタイムの日程≫

低学年・・・月曜日の3:00~4:10

中学年・・・木曜日の3:35~4:10

高学年・・・火曜日の3:35~4:10

 

②朝の読書タイムと朝学習

 毎朝8:35~8:45までの10分間は朝の読書タイムです。好きな本を1冊選んで、10分間静かに本を読みます。時には、先生に読み聞かせをしてもらうこともあります。毎日の学習が静かに本を読むことから始めると、一日の学習に落ち着いて取り組むことができています。

 また、11月の柏田っ子ワールドの際には、体育館入口においてお気に入りの図書の本の表紙を模写して紹介するイラスト展を開催しています。どの子も一生懸命に描き、素晴らしい作品ができあがります。

 

③視写・音読・語彙の獲得

 子供たちの言葉の力をつけるために、第一段階として、柏田小学校では「視写」と「音読」に取り組んでいます。

 視写では、毎日1ページお手本を見てノートにそっくり写します。この時に気をつけるのは、字の形と大きさです。毎日継続して行うことで、文字に対する意識は劇的に変わります。

 音読では、教科書に出てくる文章を、全員がすらすら読めるようにすることを目標にしています。文を声に出して間違えずに読むことは学習の基本です。毎日継続して行いましょう。

 また、視写や音読は、誰もがひとりででもできる学習です。視写や音読を行うことは、家庭学習習慣の向上にもつながります。一人ひとりの学習力の向上を目指します。

音読発表会のようす 

 

 今年度から、新たな語彙の獲得をめざし、辞書引き学習に取り組んでいます。国語科の意味調べだけに使用するのではなく、しりとりゲームやはや引き競争など、ゲーム的な要素を取り入れながら取り組んでいます。

 また、今月の百人一首を一首決め、毎日の放送で読んだり、集会で暗唱したりしています。児童会・放送委員会・掲示委員会の3つの委員会が連携して、かしだっ子の語彙の獲得への取り組みを行っています。

    

今月の百人一首

児童会のようす

 

④夏休みサマーチャレンジ教室

 今年度は耐震工事の影響により、夏休みに学校でのサマーチャレンジ教室を開催できませんでしたが、各家庭のご協力のもと、サマーチャレンジの時間を設定し、おうちで学習に取り組めるよう、教材の準備を行いました。補充学習や夏休みまでの復習に取り組むことで、9月からの学習に生かすとともに、家庭学習の習慣を身につけるきっかけにもなりました。

 

⑤家庭学習の手引き

 学力を向上させるには家庭での学習習慣を身につけることが大切です。ひとりでも集中して学習することができるよう、家庭学習の手引き(6つのきまり)を作成しました。今年度のテーマは「集中」です。学年に合わせたきまりを守って家庭学習に取り組み、ぐんぐん力をつけていきましょう。

1.テレビを消してから学習しよう

2.おやつやご飯を食べながらの学習はやめよう

3.終わるまで黙って取り組もう

4.トイレを済ませてから取り組もう

5.家の中に自分の学習する場所を決め、決めた場所で学習しよう

6.自分の決めた時間に学習しよう

 1年生は1番、2年生は1,2番…6年生は1~6番というように、できることを増やしていきましょう。当たり前のことを、まずは当たり前にできるよう、目標を決めてがんばりましょう。

 

⑦校内学力テスト

 毎年2月に、柏田小学校独自の校内学力テストを行います。内容は、計算問題と漢字です。基礎学力を向上させ、できることを増やしていきましょう。

 

⑧少人数授業

 おもに算数科の授業において、先生が2人で授業するティームティーチング(T・T)や、クラスを分けて少ない人数で授業を行う分割授業を行います。質問や発表もしやすくなり、より子どもたちが理解しやすい授業を目指します。