昭和48年4月1日 東大阪市立縄手小学校より分離し「東大阪市立上四条小学校として開設する。
開校式を行う。(1年生~4年生まで、縄手小学校にて)
学級数15、教職員21名、児童数558名
 同年7月 校章を制定する。
昭和49年2月10日 新校舎に移転する。この日を創立記念日とする。
 同年5月26日 本館および特別教室が完成し、竣工式を行う。
昭和51年2月 校歌を制定する。
 同年5月14日 体育館が完成し、竣工式を行う。
昭和52年10月28日 東大阪市小学校体育推進校として体育研究発表会を持ち2年間の成果を公開する。
 同年11月3日 体育学習の研修と実践が認められ、東大阪市長・東大阪市教育委員会より文化の日の表彰を受ける。
昭和57年7月22日 プールが完成する。
昭和58年2月10日 創立10周年記念式典を挙行する。記念誌を発行する。
学級数22、教職員数29名、児童数800名
昭和59年3月 社会科副読本「上四条のうつりかわり」を発行する。
平成3年8月31日 体育館への渡り廊下が設置される。
平成5年2月7日 創立20周年式典を挙行する。記念誌を発行する。
学級数13、教職員数20名、児童数402名
 同年11月25日 東大阪市算数科研究発表会を行う。
平成7年11月28日 大阪府教育委員会委嘱東大阪市教育委員会指定による校内研究推進校の研究発表を行う。
平成10年1月10日 コンピューター教室が設置される。
 同年5月17日 教育改革の一環として、地域や保護者の中で専門的な知識や技能のある「一日先生」を委嘱、授業公開を行う。
平成11年5月17日 「一日先生」の名称を「あったか先生」と改め募集を始める。12名の「あったか先生」に参画して頂く。
平成12年4月 東大阪市立縄手中学校校区地域教育協議会を発足させる。
 同年9月 トイレ改修工事(4号館東/B棟東)
 同年11月22日 東大阪市人権研究集会の発表会を行う。
平成14年5月19日 創立30周年記念オープニングセレモニー「古墳祭」を挙行する。
学級数13、教職員数20名、児童数342名
平成15年 大阪府教育委員会より環境教育の研究指定校を受ける。
平成16年 東大阪市教育委員会の教育改革モデル校として委嘱を受け、環境教育の発表を行う。
平成17年11月22日 東大阪市教育委員会のオンリーワン推進事業の委嘱を受け、環境教育取り組み3年間の研究成果を発表する。
平成18年
平成19年
東大阪市教育委員会のオンリーワン推進事業の委嘱を受け、算数科教育に取り組む。
平成21年8月 体育館耐震工事完了