昭和55年に花園小学校から分離した花園北小学校は、おかげさまで40周年をむかえました。今年度、新1年生48名を迎え、240名でスタートしました。小規模校の学校ですが、特色ある教育に取り組んでいます。

 1つ目は、1年生から6年生までの縦割り班活動です。花北祭りや、秋の全校遠足など、6年生を中心にした縦のつながりの中で、互いを認め、やさしさとあたたかさのある活動を行っています。

 2つ目は、学校行事が地域や保護者の方々に支えられて行っていることです。

 その1つの例として、運動会があげられます。運動会は、2学年合同で演技を行い、交流を深めています。親子で出場する「親子競技」もあります。その他、地域・保護者・全児童・教職員が参加する「河内音頭」があり、たくさんの方々の参加があります。また、PTAや保護者の方々、地域の皆様のご協力で、校庭の樹木の剪定や草ぬきなど、学校整備にご協力をいただいております。また、校庭内に水田を作ってくださり、子どもたちは田植えから稲刈りまでの体験ができています。

   3つ目は、学力向上についてです。花北スタンダードによる授業規律の徹底や自学ノートの配布による家庭学習習慣の定着など全校で取り組んでいます。また、中学校区で「家庭学習強化週間」を設定しています。

 全教職員が力を合わせて、地域や保護者の方々のご協力のもと、学校教育に取り組んでいます。

 今年度も、子どもたちが元気で楽しく学校生活が送れるよう、教職員一同取り組んでまいりたいと考えております。

  これからもご理解・ご支援よろしくお願いします。

校長 長谷川 尚子