学校紹介

 生駒山の麓、河内平野の東部に位置する我が校は近鉄奈良線・河内花園駅のすぐ南の地域を校区に持つ児童数236名(平成30年4月現在)の小規模校です。
 昭和55年4月、花園小学校から分離・開校しました。開校当時の児童数は
582名で、昭和56年・57年は679名に増えました。しかし、年を経るにつれ、徐々に児童数が減少し、平成8年からはほぼ横ばいといった状況です。今年度は、13学級(支援学級4学級含む)と通級指導教室1学級です。
 正門の前は、津原神社があり、すべての教室から大きな楠などの社を囲む木々を眺めることができる静かな環境にあります。                               
 昭和62年には余剰教室の活用を図るために、畳の部屋を作りました。現在も茶道教室など多目的に使って有効利用をしています。
 市の公共施設である花園図書館、市民美術館、プラネタリュームや展示室・遊びの広場などを備えた「ドリーム21」、そして2019年に開催されるラグビーワールドカップの開催地として、全国的にも知られている花園ラグビー場などへは電車を利用しなくても、歩いていくことができます。

校歌