教育目標

『今を大切に!明日に向かって

     心豊かにたくましく生きる子の育成』

【めざす子ども像】

       ◆ 自ら考え、正しく判断し、進んで行動できる子ども

     ◆ わかるまで、ねばり強く学び続ける子ども

     ◆ 人のこころに寄り添える、思いやりのある子ども

     ◆ 一人ひとりのちがいを大切にし、ともに伸びる子ども

       ◆ いのちを大事にする、健康で明るい子ども

 

【めざす学校像】

      ≪学び豊かに、子どもたちが生き生きと輝ける学校≫

     

 ☆子どもたちが元気に楽しい学校生活をおくるための三つの約束

 ① ルールを身につけよう!   (ルールの本質は思いやり)

 ② 会話の語尾をやさしくしよう!(あたたかなふれ合い)

 ③ 今頑張れることをやりきろう!(今を大切に、明日に向かって)

 

 ☆教職員が大切にしたい二つの約束

 ① 築く

 ・子どもとの信頼関係   (褒める・認める⇒自信・意欲向上)

 ・保護者や地域との信頼関係(傾聴・共感・受容の姿勢)

 ・教職員間の信頼関係           (何でも話せる職員室・・・報告・連絡・相談・確認)

 

 

    ② 気づく 

 ・子どもが抱えた不安を見逃さない(子どもの今を大切にする指導)

 

【指導の重点】

(1) 学力向上

  ◎ 基礎・基本の定着を図る (正しく⇒読む・書く・話す等) 

 

  ◎ 『主体的・対話的で深い学び』の視点に立った授業実践

        ◆ 「知識及び技能の習得」

    ◆ 「思考力、判断力、表現力等の育成」

    ◆ 「学びに向かう力、人間性等の涵養」

 

 ◎ 研究教科・・・「国語科」 (校内研究授業全学年実施)

 

(2) 豊かな心と健やかな体の育成

  ◎ 道徳教育の推進

        ◆ 「道徳科」 (校内研究授業実施)

 

  ◎ 生徒指導の充実

    ◆ 「いじめ」未然防止教室実施

    ◆ スマホ・インターネット安全利用教室実施

 

   ◎ 人権、特別支援教育の推進

        ◆ 「人権尊重」を基盤とした多文化共生教育の推進

        ◆ 日常の授業・行事を通しての学級集団、学年集団づくり

        ◆ 自分の生き方につながる「平和学習」「命の学習」

        ◆ 「なかよし学級」と「通常学級」との日常的な交流

        ◆ 支援を要する子どものへの配慮と個別の支援

 

 ◎ 健康教育の推進

        ◆ 子ども一人ひとりが意欲的に取り組める体育学習 

        ◆ 健全な食生活や健康の保持・増進に向けた「食育指導」「保健指導」

 

(3) 小中一貫教育

   ◎ 長栄中ブロックのテーマ

        『互いを認め合い、高め合い、共に学びを深める』

                            ~9年間の学びを通して~     

        ◆ テーマのもと、小中3校の連携を深め、9年間の成長を見据えた 取組の推進

        ◆ 6年生の中学校登校、5・6年生の定期テストの実施等

        ◆ 小中一貫教育コーディネーターによる小学校での授業実施