下記の内容のことが、スマイルネットを通して、

東大阪市教育委員会から保護者の皆様に直接連絡されておりますことをお知らせします。

    令和2年5月14日 
保護者の皆さま
    東大阪市教育委員会 
「eライブラリ」の活用について
 平素は、本市の学校教育にご理解とご協力をいただいておりますことに改めてお礼申し上げます。
 さて、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための学校の臨時休業が続いていますが、本市においては、臨時休業中に小学1年生から中学3年生までの児童・生徒が、自宅のパソコンやタブレットを使い、予習や復習の学習を行うことができるよう、※オンライン学習アプリケーションである「eライブラリ」を導入いたしました。
 すでに、学校を通じて「eライブラリ」にログインするための児童・生徒一人ひとりのIDとパスワードをお知らせしていますが、「eライブラリ」はご家庭で活用いただいているでしょうか。
 「eライブラリ」には、学年ごとに学習のための教材がそろえられているほか、教職員が児童・生徒の学習状況を確認でき、学習管理を行うことができます。学校への登校が制限されている今般の状況下で、できるだけその活用を行っていきたいと考えています。
 「eライブラリ」は、家庭でお使いのパソコンやタブレット以外に、スマートフォンからもアクセスすることが可能です。保護者の皆さまがお使いのこれらの機器も利用して「eライブラリ」を活用していただき、児童・生徒の家庭での学習をできるだけ進めていただくようお願いします。
 また、小学校低学年の児童においては、ひとりでオンライン学習を行うことには配慮が必要であることが考えられますので、保護者が機器の操作も含めたサポートをしていただきますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点がございましたら学校へお問い合わせください。

※オンライン学習アプリケーション「eライブラリ」とは、各家庭のパソコンやタブレットなどのインターネット機器を利用して学習するツールです。動画等を利用した学習ではありません。