ページの先頭です
東大阪市の魅力
メニューの終端です。

子育て

乳幼児の親子が集える施設で子育て世帯の交流が活発に

6つの子育て支援センターに加え、今後も開設を予定

赤ちゃんから就学前までの子どもとお母さんが、気軽に利用できる子育て支援センターが市内に6つあります(無料、閉館日あり)。たくさんのおもちゃを自由に使うことができる広場では多くの親子で賑わっています。
また、支援センターの職員が子育ての悩みに応じてくれることはもちろん、定期的に行われるイベントで同じ年代の子どもを持つ親同士が仲良くなり、子ども同士のかかわりあいや親同士の交流も楽しめます。

支援センターの写真

委託民間事業者が運営する17か所のつどいの広場

親子でいつでも気軽に参加でき、うち解けた雰囲気の中で相談したり、学びあったりできる交流の場です。市内に17か所あります。
※つどいの広場は、地域子育て支援拠点事業として市が公募したうえ、委託している民間の施設です。

つどいの広場

日齢・月齢に応じた情報などを個別にメールで配信『すこやか☆親子トライメール』

妊婦の方とそのご家族、また3歳未満の乳幼児の保護者の方を対象に、安心して出産や子育てができるような情報をお届けする『すこやか☆親子トライメール』を無料で配信しています。
妊娠週数・日齢・月齢に応じたおなかの赤ちゃんや産後のお子さんの日々の成長の様子を、健康・食事などのアドバイス、市内の子育て支援情報・予防接種や健診についてなどタイムリーな情報とあわせてお届けします。(平成30年度から子育て支援情報アプリに移行予定。)

すこやか☆親子トライメール

安心して出産できる助成制度が充実

府下最高額の妊婦健康診査費用

妊婦健康診査費用については、大阪府下で最高額となる14回12万円分を助成しています。また、多胎妊娠中の方には16回13万円分の助成を行っています。

無料で妊婦歯科健康診査

妊娠中は、生活のリズムやホルモンバランスの変化によってむし歯や妊娠性歯肉炎が起こりやすくなっているため、しっかりとお口のケアを行い、口腔内の健康管理に気をつけていただくために妊娠中に1回、保健センターや市内の取扱い歯科医療機関において無料で妊婦歯科健康診査を受けていただくことができます。

中学校卒業までの医療費助成

出生したときから中学生(15歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある人)までを対象に、医療機関などで受診されたときに支払う保険診療の自己負担金の一部を助成しています。
※所得制限なし

妊婦歯科健康診査のイメージ

妊婦の方の健康を守り、すこやかな出産を迎えていただくために

出産後に保健センターの保健師等がご家庭を訪問させていただくだけでなく、妊娠中の時期からご家庭を訪問しいろいろな相談に応じています(無料)。

保健師の訪問イメージ

豊富な講習会や教室を通じて子育てを楽しむ

妊婦教室や両親学級など妊娠されている家族を対象にしたものや、2か月親子講習会のほか、離乳食講習会などを通じて、子育てを楽しみながら学んでいくことができる環境づくりを行っています。
また、男性の育児参加をサポートするため、お産、新生児のお世話や育児などの基本知識が掲載されているお父さんのための育児ガイドブックを父子健康手帳として配布しています。

父子健康手帳の写真

産後すぐのお母さんへのサポートが充実

お母さんの産後健康診査費用の助成を行っているほか、生後4か月未満の家族などから家事・育児等のお手伝いが得られず、育児や体調に不安があるお母さんとその赤ちゃんを対象に、お母さんや赤ちゃんの生活リズムづくりと心身の安定を図るため、母子で施設をショートステイ(宿泊)やデイサービス(日帰り)で利用し、体のケア、心のケア、授乳指導、育児相談・指導等が受けられる産後ケア事業を行っています。施設には、助産師などの専門スタッフがいるため、安心してすごしていただけます。

小さいときから本に親しみを

親子が絵本を通じてお互いの肌の温もりを感じながら、楽しいひとときを共有し、親子がふれあう「親と子の本の時間」を応援するため4か月健康診査にあわせて、市内ボランティアによる読み聞かせ(ブックスタート事業)を行っています。

ブックスタート事業の写真

地域のみんなで登下校を見守る『愛ガード運動』

こどもたちが安心して学校に通学し元気に学校生活を送ることができるよう、学校・地域・家庭が連携し「愛ガード運動」を実施しています。
「地域のこどもは地域で守る」「子どもの安全はみんなの力で」を合言葉に小学校区ごとに、登下校時の見回りや見守り、あいさつなどを協力員の方がボランティアとして活動していただいています。

愛ガード運動の写真

お問合せ

東大阪市 経営企画部 企画室 

電話: 06(4309)3101

ファクス: 06(4309)3826

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ページの先頭へ戻る