ページの先頭です

子ども・子育て支援新制度について

[2016年9月15日]

ID:12789

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 平成24年8月に、子育てをめぐるさまざまな課題を解決するために「子ども・子育て支援法」が成立しました。この法律と関連する法律に基づき、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進める「子ども・子育て支援新制度」が平成27年度よりスタートしました。

子ども・子育て支援新制度の概要

 子ども・子育て関連3法に基づき次のことを中心に新しい子育ての仕組みを実施していきます。

(1)質の高い幼児期の教育・保育を総合的に提供

 家庭環境等さまざまな要因によらずにすべての子どもに公平な教育・保育を提供していきます。

 その際、幼稚園・保育所の良さをあわせ持つ「幼保連携型認定こども園」の普及を進めます。

(2)地域子育て支援事業の充実

 一時預かり、親子広場など地域のニーズに合わせた子育て支援を充実させます。

 その他にも在宅で子育てされている方への支援を強化していきます。

(3)待機児童の解消

 地域のニーズを踏まえ、待機児童の解消のために保育の受け入れ数を拡充するとともに、少人数の預かりを行う小規模保育事業等の地域型保育事業を実施します。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

子ども・子育て支援新制度パンフレット【東大阪市版】

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

教育・保育施設に入所するには

子ども・子育て支援新制度市民説明会を開催しました

 子ども・子育て支援新制度や子ども・子育て支援事業計画について広く知っていただくため、平成26年度に説明会を開催しました。

第1回 子ども・子育て支援新制度市民説明会

 子ども・子育て支援新制度の概要や幼稚園・保育所(園)などの入園・入所に関して必要な手続きについて広く知っていただくため、平成26年7月から8月にかけて説明会を開催しました。

 説明会での配布資料を掲載していますので、ぜひご覧ください。

 また、説明会にてみなさまからいただきました質問への回答も掲載しています。

 

第2回 子ども・子育て支援新制度市民説明会

 子ども・子育て支援新制度では、自治体における子ども・子育てに関する取組みを平成27年度からの5年間、どのように実施していくかを定めるため、子ども・子育て支援事業計画の策定を義務付けています。そこで、東大阪市における子ども・子育て支援事業計画素案を策定しましたので、計画と新制度の概要について広く知っていただくため、平成27年1月に説明会を開催しました。

 説明会での配布資料を掲載していますので、ぜひご覧ください。

 また、説明会にてみなさまからいただきました質問への回答も掲載しています。

◆訂正のお詫び

 平成27年1月20日から22日にお配りした資料に、一部記載誤りがありましたので、次のとおり訂正させていただくとともに、ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。なお、23日以降の資料には訂正はございません。

  資料6ページ掲載の(参考)平成27年度の幼稚園・保育所等について

 認定こども園 仮称)弥刀さつき保育園について、「2号・3号受け入れ施設」に記載していましたが、正しくは、「1号・2号・3号」受け入れ施設となります。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

参考資料

内閣府作成の「子ども・子育て支援新制度 なるほどBOOK」(子ども・子育て支援新制度パンフレット)はこちら

 日本語パンフレットの他、外国語翻訳版(英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語)も掲載しています。

お問合せ

東大阪市 子どもすこやか部 子ども子育て室施設指導課 

電話: 06(4309)3201

ファクス: 06(4309)3817

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


子ども・子育て支援新制度についてへの別ルート

Copyright © Higashiosaka City. All Rights Reserved.