ページの先頭です
メニューの終端です。
よくある質問

一般用医薬品のリスク区分について

[2012年2月25日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

一般用医薬品のリスク区分とは何ですか?

回答

一般用医薬品は、リスクの程度に応じて3グループに分類されています。特にリスクが高いものを「第1類医薬品」、リスクが比較的高いものを「第2類医薬品」、リスクが比較的低いものを「第3類医薬品」とし、第2類医薬品のうち、特に注意を要する成分を含む医薬品として指定するものを「指定第2類医薬品」としています。購入者にリスクの程度が容易に分かるよう、外箱や直接の容器等に表示され、店舗ではリスク区分ごとに陳列されていますので、一般用医薬品を選ぶ際の参考にしてください。

お問合せ

東大阪市役所健康部  保健所 環境薬務課

電話: 072(960)3804

ファックス: 072(960)3807

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


一般用医薬品のリスク区分についてへの別ルート