ページの先頭です
メニューの終端です。
よくある質問

子ども医療証をお持ちの方が補装具等を作った際の手続きについて

[2017年3月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子どものために治療用装具や弱視用メガネを作りました。医療助成の対象になりますか。

回答

医師が治療に必要と認めたもの(保険診療として認められた部分)につきましては、助成の対象となります。

治療用装具や小児弱視等の治療用メガネなどを作られた際は、いったん全額(10割)を負担していただきます。

かかった費用のうち、健康保険が認めた部分が助成の対象となります。

健康保険が認めた費用のうち、8割(または7割)分はご加入の健康保険者から支給があります。

(健康保険者に払い戻しの申請をされていない方は、まずご加入の健康保険者にお問合わせください。)

健康保険者からの支給を確認した後、残りの2割(または3割)分を子ども医療費助成制度の公費で助成します。

払い戻しの申請には次のものが必要です。

  1. 印鑑
  2. 領収書
  3. 保護者の振込先口座がわかるもの
  4. 装具の意見書・装具装着証明書・指示書等(医師が治療に必要と認めたもの)
  5. ご加入の健康保険者からの支払決定通知書
  6. お子様の医療証
  7. お子様の健康保険証
  8. 申請書(医療助成課および行政サービスセンターに置いています)

申請は、医療助成課(本庁2階6番窓口)および市内7か所にある行政サービスセンターで受付しています。

5.の支払決定通知書とは、ご加入の健康保険者から支払いがあったことを確認するものです。

治療用装具や小児弱視等の治療用メガネなどを作られた際は、まずはご加入の健康保険者に療養費等の申請が必要です。

療養費についてはこちらをご覧ください。

なお、東大阪市の国民健康保険に加入されている方は、市役所(資格給付課)に申請が必要です。

詳しくは資格給付課にお問合せください。

資格給付課にて申請をされましたら、お手元に支払決定通知書がない場合でも医療助成課に払い戻しの申請が可能です。

お問い合わせ

東大阪市役所市民生活部医療助成課

電話: 06(4309)3166

ファックス: 06(4309)3805

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


子ども医療証をお持ちの方が補装具等を作った際の手続きについてへの別ルート