ページの先頭です
メニューの終端です。
よくある質問

いたずらはかりで目が離せません。どうしたらいいのですか?

[2012年2月28日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

いたずらはかりで目が離せません。どうしたらいいのですか?

回答

 ハイハイができるようになり、やがて歩けるようになると、赤ちゃんの動きはぐんと広がります。まわりにあるものすべてが珍しくて、ドキドキワクワク。さわって、たたいて、なめて、ほうり投げて。
 大人から見ると困った「いたずら」も、赤ちゃんにとっては魅力いっぱいの「探検」「冒険」です。こうした「探検」「冒険」をさせてあげましょう。
 「ダメ」と言わなくてすむように、危ないものやいじられて困るものは、手の届かないところへ移します。部屋の中は赤ちゃんの目の高さでチェックして事故防止。これは大人の責任です。

お問合せ

東大阪市役所子どもすこやか部子育て支援室 施設給付課

電話: 06(4309)3302,3195

ファックス: 06(4309)3817

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


いたずらはかりで目が離せません。どうしたらいいのですか?への別ルート