ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

ウェブ連載:フェイクの影響とそれらを見抜くチェックリストー新型コロナウイルス感染禍の下でー

[2021年3月1日]

ID:29401

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市民人権講座スマイルカレッジ第3期をウェブ上で開催します

東大阪市では、差別のない人権尊重のまちづくりを推進するため、さまざまな人権啓発事業を行っております。その一環として、身近な人権問題を取り上げ、より多くの市民の皆さんがさまざまな人権問題を自らの問題としてとらえ、理解を深めていただけるよう、市民人権講座スマイルカレッジを実施しております。

市民人権講座 第3期を、今回は期間限定ウェブ連載で行います。

※このページ(フェイクの影響とそれらを見抜くチェックリストー新型コロナウイルス感染禍の下でー )で、

 第1講(1月25日)、第2講(2月1日)、第3講(3月1日)に更新を予定しています。

※掲載期間:令和3年3月31日まで

フェイクの影響とそれらを見抜くチェックリストー新型コロナウイルス感染禍の下でー

まだまだ終わらない新型コロナウイルス感染症拡大。インターネット上の多様な情報によって、傷つけたり、傷つけられたりしている人がいます。不安・心配の感染にかからず、安心・安全を拡げるための13項目のチェックリストと10のコツを、お伝えします。ぜひ、今こそ『自分ごととして』考えてみてください。

執筆者

北口末広さん(近畿大学人権問題研究所・主任教授)

第1講 情報がすべてを決する(1月25日更新)

わたしたちは毎日、多様な情報に基づいて行動し判断しています。ただ、その情報は本当に正しい情報(ファクト)ですか?間違った情報(フェイク)ですか?情報が人びとにどんな影響を与えるのかを紹介します。

第2講 感染爆発を起こしているフェイク情報(2月1日更新)

新型コロナウイルス感染症問題に関わるフェイク情報について事例を紹介します。あなたが信じている情報も、もしかするとフェイクなのかもしれません。それなのに、その情報を身近な人に伝えていませんか?

第3講 13項目のチェックリストと10のコツ(3月1日更新)

フェイク情報に惑わされずに安心して情報と付き合う13項目のチェックリストと10のコツを紹介します。新型コロナウイルス感染症問題以外にも役立つので、ぜひ、ご覧ください!!

市民人権講座チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ

東大阪市 人権文化部 人権室 人権啓発課 

電話: 06(4309)3156

ファクス: 06(4309)3823

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


ウェブ連載:フェイクの影響とそれらを見抜くチェックリストー新型コロナウイルス感染禍の下でーへの別ルート