ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

「#東大阪エール飯」と連携した「テイクアウト・デリバリー用容器等購入補助制度」について(受付終了しました)

[2020年6月30日]

ID:27368

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

お知らせ

本補助金は令和2年6月30日をもちまして受付を終了しました。

現在、審査に時間がかかっております。申請受付後、審査が終了した申請者につきましては、随時補助金の振り込みをしておりますが、書類の不備がある場合はお電話で連絡をしております。

受付状況についてご不明な点がありましたら、国際観光室(06-4309-3230)にお問合せください。

「#東大阪エール飯」キャンペーンについて

キャンペーンの概要はこちらをご覧ください。


「#東大阪エール飯」特設ウェブサイト(別のウインドウが開きます)

(一社)東大阪ツーリズム振興機構が運営をしています。

テイクアウト・デリバリー用容器等購入補助制度

市内で飲食業等を営む小規模事業者または個人事業主が、新型コロナウイルス感染拡大を契機に、新たにテイクアウトやデリバリーを開始、または拡充する場合において必要となる容器代等の補助を行う制度です。

補助対象となる事業者(飲食店)

以下のすべてを満たす必要があります。


1.市内に事業所を有する飲食事業者で、これまで主に店舗内で飲食の提供を行う業態であったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、テイクアウトやデリバリーを新たに開始、または拡充した事業者


2.飲食業を営む小規模事業者(従業員数5名以内)または個人事業主。


3.「飲食店」または「喫茶店」の営業許可を受けている飲食業者であること。ただし、持ち帰り飲食サービス業(テイクアウト専門や移動販売など)や、配達飲食サービス業(デリバリー専門店)、小売店は除きます。


4.申請日時点で、「#東大阪エール飯」特設ウェブサイトの店舗登録が完了していること。


5. 事業者 または代表者が東大阪市暴力団排除条例に規定する暴力団員または暴力団密接関係者に該当しないこと。


6.事業者に市税の滞納がないこと。

補助額及び補助対象経費

  • 補助(上限)額は5万円とし、補助率は対象経費の10分の10とします。
  • 補助対象経費は、専用容器等、テイクアウトやデリバリーの実施にあたって必要となる消耗品等の購入費用です。
  • 補助を受けるためには、購入時の領収書等の添付が必要です。
  • 領収書に記載された日付(購入日)は、緊急事態宣言発令日(令和2年4月7日)から令和2年6月30日までが対象となります。

その他申請条件

  • 補助申請は、事業所(店舗)単位で受付を行います。
  • 1事業所につき申請は1回限りとします。
  • 小規模事業者とは、中小企業基本法に定める小規模企業者「おおむね常時使用する従業員の数が5人以下」に該当する事業者をいいます。
  • テイクアウトまたはデリバリーの実施にあたっては、食品衛生法、食品表示法、酒税法等の関係法令を遵守してください。

申請方法

本補助金は令和2年6月30日をもちまして受付を終了しました。


  • 申請書類の受付は、令和2年6月1日(月曜日)から 6月30日(火曜日)までです。 ただし、受付を行った申請額の累計が予算額上限に達した場合は、期間内で申請受付を打ち切ります。
  •  新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、申請手続きは原則として郵送対応に限らせていただきます。
  • 申請書類に不備がある場合は、受付が遅れる、または受付ができないことがありますのであらかじめご了承ください。
  • 「#東大阪エール飯」特設ウェブサイトの店舗登録の順番で受付を行うわけではなく、あくまでも申請書類の受付順となりますので、申請日までに登録を完了しておいてください。ただし、店舗登録に必要となる画像や掲載情報が不足している場合、掲載が保留となり、補助金の申請受付ができないこともありますので、ご注意ください。

補助金申請の流れ

よくあるご質問

申請全般について

【追加】

Q.申請書類を消すことのできるボールペンで記入しても良いですか?

A.消すことのできるボールペンの使用は認められません。

万一使用されていることが判明した場合は、書類を改めて提出をすることとなりますのでご注意ください。

なお、申請書類の修正については、訂正印で行ってください。(修正テープ等の使用はできません。)


【追加】

Q.様式1の「4.実績報告」について、領収書が多い場合はまとめることはできますか?

A.購入物が多くレシートが多数になる場合は、レシートごとに例えば「テイクアウト容器等」とまとめて記載することもできます。ただし、レシート内の対象となる経費に印をつけて、その金額のみ合計をして記載してください。

(対象とならない「食材」などの経費を含めているケースが見受けられます。)


【追加】

Q.様式1、様式4の申請者住所はお店の住所を記入すればよいですか?

A.様式内の「申請者の住所」は、申請者の住民票上の住所となります。店舗の所在地ではありませんのでご注意ください。

なお、法人の場合は登記上の住所となりますのでご注意ください。


Q.申請書の公開はいつですか?

A.令和2年6月1日(月曜日)9時00分から市ウェブサイト上で公開します。


Q.補助金の申請先はどこですか?

A.東大阪市国際観光室に郵送で提出ください。 宛名ラベルを用意していますので、ご利用ください。


Q.先着順とは申請した順番ですか?

A.補助金申請書を市が受け付けた順番になります。「#東大阪エール飯」の登録順ではありませんのでご注意ください。


Q.補助金の対象となる業種はどのようなものですか?

A.食品衛生法に基づく「飲食店営業」と「喫茶店営業」の許可を受けている事業者が対象となります。


Q.小売業は対象になりますか?

A.小売業については対象となりません。


Q.テイクアウト専門やデリバリー専門のお店は対象ですか?

A.テイクアウト専門店、デリバリー専門店は対象外です。


Q.補助金申請は複数回に分けて申し込みできますか?

A.1事業者(1店舗)1回までです。


Q.市内で2店舗の飲食店を経営していますが、2店舗分申請はできますか?

A.それぞれの飲食店がテイクアウト、デリバリーを行っている場合に限り、店舗ごとに申請ができます。ただし、「#東大阪エール飯」に当該店舗を登録していることが必要です。

複数店舗をひとつの補助金申請にまとめることはできませんので、ご注意ください。

なお、審査にあたり複数店舗を経営していることが分かる追加資料を求める場合があります。


Q.申請書類は返却してもらえますか?

A.申請後の書類は返却いたしません。


Q.いつまでの購入費について認められますか?

A.4月7日から6月30日までのものが対象となります。


Q.領収書の合計が5万円に満たない場合はどうしたらよいですか?

A.5万円以下でも補助金申請ができますが、補助対象経費の額を上限とします。


Q.容器は市内での購入に限りますか?インターネットから購入したものも対象になりますか?

A.インターネット通販で購入したものも可とします。その場合は購入商品の内容が分かるページをプリントアウトして添付してください。

市内経済振興の観点から、なるべく市内の事業者からの購入をお願いします。


Q.他の補助金に申請中の経費も申請できますか?

A.他の補助金との併用はできません。他の補助金との併用が判明した場合は補助金の一部または全額を返還していただく場合があります。


Q.「#東大阪エール飯」への登録は必須ですか?

A.「#東大阪エール飯」のウェブサイトを通じた情報発信と一体的に支援する事業であるため、登録が必須条件になります。


Q.いつまでに「#東大阪エール飯」に登録することが必要ですか?

A.#東大阪エール飯への登録は、申請から掲載まで数日かかる場合がありますので、できるだけ早めの登録をおすすめします。なお、補助金申請は、掲載まで完了していることが受付の条件となります。


Q.「#東大阪エール飯」に登録はしていますが、緊急事態宣言解除後、補助金申請日までにテイクアウト注文を中止していますが、申請はできますか?

A.新型コロナウイルスの状況を踏まえて一時的にテイクアウトを中止されている場合は対象とします。

なお、申請時点で「#東大阪エール飯」の登録を取り下げている場合は対象となりません。


Q.従業員が5人以下という基準にはアルバイトも含みますか?

A.中小企業基本法第2条第5項で規定される小規模事業者の定義により、「おおむね常時使用する従業員」の数が5人以下となります。

アルバイト等の取り扱いについては中小企業庁のFAQ(下記URL)をご参照ください。

https://www.chusho.meti.go.jp/faq/faq/faq01_teigi.htm


Q.補助金の振込みはいつ頃になりますか?

A.申請書受付後から約2週間程度で支払い手続きの開始ができるよう予定しています。ただし、申請が集中した場合は交付作業に遅れが生じることがあります。申請書類の不備や銀行口座の記入ミスなどによって交付が遅れる場合がありますのでご了承ください。

経費について

Q.どの様な経費が認められますか?

A.テイクアウト、デリバリーに必要な容器や箸、包装資材、フォーク・スプーン、お手拭きなどを主に対象としています。


Q.提出する領収書とはどんなものですか?

A.容器等の購入が分かるレシート、または領収書が必要です。

それぞれ購入日、購入店、購入者、購入物がわかるようにしてください。レシート等で、印字されていない場合は手書きで追記してください。なお、5万円以上の領収書については印紙の貼付が必要ですので、提出前に必ずご確認ください。(電子発行の領収書を除く)


Q.経費の計算は税込みですか?

A.消費税込みで計算をしております。なお、消費税等の確定申告の際には適切に処理してください。


Q.使い捨てではなく洗浄して再利用できるようなテイクアウト容器は対象になりますか?

A.資源保護の観点から再利用可能な簡易容器は対象とします。


Q.小分け調味料(パックわさび、しょうゆなど)は対象になりますか?

A.補助対象外となります。


Q.消毒用アルコールやゴム手袋、マスクは対象になりますか?

A.補助対象外となります。


Q.備品は認められますか?

A.備品類は原則として補助対象外となります。


Q.店舗にテイクアウト用の小窓を工事しましたが対象となりますか?

A.工事等にかかる費用は補助対象外となります。


Q.補助対象とならない経費にはどのようなものがありますか?

A.個別に判断が必要なケースがありますので、事前に国際観光室までお問合せください。なお、判断が難しい事例などは、すぐに回答ができないこともありますので、あらかじめご了承ください。


お問合せ

東大阪市 都市魅力産業スポーツ部 国際観光室 

電話: 06(4309)3230

ファクス: 06(4309)3849

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム