ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症に関する緊急経済対策(障害施設関係)について

[2020年5月27日]

ID:26911

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

障害福祉サービス等の衛生管理体制確保支援等事業について

国より標記の国庫補助に係る協議についての連絡がありました。この補助金は障害福祉サービス等施設や障害福祉サービス事業所等(以下「施設等」という。)における新型コロナウイルス対策の徹底や障害児者を中心とした住民への感染症に対する理解促進等を図るため、衛生用品の確保等を支援することを目的とする事業です。事業概要は以下のとおりです。補助金活用の意向がある場合は、協議が必要となりますので、令和2年5月29日(金曜日)15時までに下記の連絡票にて担当課にご連絡ください。期限までに連絡があり、所要額の定まった事業について、国に協議申請を行います。



【1】障害福祉サービス等の衛生管理体制確保支援等事業

1.目的

本事業は、障害福祉サービス等施設や障害福祉サービス事業所等(以下「施設等」という。)における新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、必要となる衛生用品等を購入する経費、または居室に簡易陰圧装置や換気設備を設置する際に必要な費用、施設等の消毒に必要な費用を補助することを目的とする。

2.事業内容

(1)衛生用品等の緊急調達事業

施設等が新型コロナウイルス対策に必要となる衛生用品等を購入する経費および新型コロナウイルス対策として居室に簡易陰圧装置や換気設備を設置する経費を補助する。


補助金額 補助申請は法人単位で行うものとし、1事業所(※1)あたり50,000円までとし、1法人(※2)につき合計200,000円を上限とする。ただし、簡易陰圧装置または換気設備を導入する場合においては、1法人あたり別途200,000円を上限に支給する。

※1 施設数ではなく、指定又は登録されている事業単位とする。(同一事業所における相談支援事業は児、者で最大2単位)

※2 同一法人が障害者、児それぞれの事業所を対象とした同補助金を受ける場合においては、1法人あたり別途200,000円を上限に支給する。


対象品目 マスク、消毒液(ハンドソープ、うがい薬、除菌液を含む)、防護服、飛沫防止パネル又はシート、空気清浄機(今回は令和2年4月~5月末までに購入し、納品されたものを対象とする。)

対象外  ウエットティッシュ、ペーパータオル、トイレ・キッチン用洗剤、ごみ箱、体温計


※領収書、レシート、インターネット取引明細書等の資料がない場合は補助対象となりません。


(2)施設等衛生環境改善事業

新型コロナウイルス感染症が発生した施設等が感染拡大防止のため、建物や設備の消毒を事業者へ依頼する際の経費を補助する。ただし、調査締め切り日辞典において実施済みのものに限り、今後の実施予定等は含まないものとする。


補助金額 1法人(※)あたり100,000円を上限とする。

※同一法人が障害者。児それぞれの事業所を対象とした同補助金を受ける場合においては、合計して200,000円が上限となる。


3.実施主体

市長が適当と認めた市内障害福祉サービス事業者及び放課後等デイサービス事業者等を運営する社会福祉法人、公益社団法人、公益財団法人、特定非営利活動法人及び営利法人等の団体。(以下、「社会福祉法人等」という。)


 

4.補助率

10/10


5.問合せ先

・障害福祉サービス事業者等を運営する社会福祉法人等

福祉部障害者支援室障害施策推進課

電話 06-4309-3183

ファクス 06-4309-3813

電子メール: shogaishisaku@city.higashiosaka.lg.jp

 

・放課後等デイサービス事業者等を運営する社会福祉法人等

福祉部障害者支援室障害児サービス課

電話 06-4309-3248

ファクス 06-4309-3813

電子メール:shogaijiservice@city.higashiosaka.lg.jp


下記の連絡票に記入し、ご連絡ください。