ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

どこにつけるの?(戸建住宅・店舗等併用住宅)

[2019年7月4日]

ID:25130

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住宅用火災報知機の設置例

戸建住宅・店舗等併用住宅

 ご自分の家にあてはまる例を探してください。(寝室のある階をよく見てください)

住宅用火災警報器(煙式)設置場所


寝室とは

普段寝る部屋で、子どもや老人の部屋なども、寝る部屋に使われている場合は寝室となります。


平屋建住宅

平屋建住宅の場合、寝室部分に警報器が必要です。

平屋建住宅の場合、寝室部分に警報器の設置が必要です。

2階建住宅

2階建住宅の1階に寝室がある場合、寝室部分のみに警報器が必要になります。

2階建住宅の1階に寝室がある場合、寝室部分のみに警報器が必要です。

2階建住宅の2階に寝室がある場合、寝室部分と2階階段室の上部に警報器の設置が必要になります。。

2階建住宅の2階に寝室がある場合、寝室部分と2階階段室の上部に警報器の設置が必要です。

2階建住宅の1階2階に寝室がある場合、各寝室部分と階段室の2階上部に警報器の設置が必要になります。

2階建住宅の1階2階に寝室がある場合、各寝室部分と階段室の2階上部に警報器の設置が必要です。

3階建住宅

3階建住宅で1階のみに寝室がある場合、寝室部分と3階階段室上部に警報器の設置が必要になります。

3階建住宅で1階のみに寝室がある場合、寝室部分と3階階段室上部に警報器の設置が必要です。

3階建住宅の2階のみに寝室がある場合、寝室部分と2階階段室上部に警報器の設置が必要になります。

3階建住宅の2階のみに寝室がある場合、寝室部分と2階階段室上部に警報器の設置が必要です。

3階建住宅で1階2階に寝室がある場合、各寝室部分と2階階段室上部に警報器の設置が必要です。

3階建住宅で1階2階に寝室がある場合、各寝室部分と、2階階段室上部に警報器の設置が必要です。

3階建住宅で1階3階に寝室がある場合、各寝室部分と1階3階の階段室上部に警報器の設置が必要になります。

3階建住宅で1階3階に寝室がある場合、各寝室部分と1階3階の階段室上部に警報器の設置が必要です。

3階建住宅で3階部分に寝室がある場合、寝室部分と1階3階の階段室上部に警報器の設置が必要になります。

3階建住宅で3階部分に寝室がある場合、寝室部分と1階3階の階段室上部に警報器の設置が必要です。

3階建住宅で2階3階に寝室がある場合、各寝室部分と2階3階の階段室上部に警報器の設置が必要になります。

3階建住宅で2階3階に寝室がある場合、各寝室部分と2階3階の階段室上部に警報器の設置が必要です。

3階建住宅で1階2階3階に寝室がある場合、各寝室部分と2階3階の階段室上部に警報器の設置が必要になります。

3階建住宅で1階2階3階に寝室がある場合、各寝室部分と2階3階の階段室上部に警報器の設置が必要です。

警報機の設置が必要ない階

警報機の設置が必要なかった階で、床面積が7平方メートル(4畳半)以上の居室が、5以上ある場合

お問合せ

東大阪市 消防局 警防部予防広報課 

電話: 072(966)9662・3

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム