ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

ウィルチェアースポーツ体験と車いす観光プログラム参加者の募集

[2018年9月25日]

ID:23407

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ひがしおおさか体感まち博登録プログラム(ウィルチェアースポーツ体験と車いす観光プログラム)

 東大阪市内全域を博覧会会場に見立てた体験型観光プログラムイベント「ひがしおおさか体感まち博2018プレ」を開催します。競技用車いすに乗って行うソフトボールの練習会と交流試合を開催するほか、車いすでも市内観光を楽しんでもらえる環境づくりの一環として、ウィルチェアーツーリズム(車いす観光)の取組みに参加される方も募集しています。
 障害の有無に関わらず誰でも楽しむことができるウィルチェアースポーツの体験プログラムに参加しませんか。

 ひがしおおさか体感まち博についてくわしくは、(一社)東大阪ツーリズム振興機構のウェブサイト(外部リンク)をご覧ください。

こいで、駆け抜けて、気分はまるでパラアスリート! 専用広場で競技用車いすを体験しよう!

 障害者も健常者も、年齢・性別・国籍に関わらず、誰もが楽しめる「車いすソフトボール」の体験プログラムです。11月24日(土曜日)の交流試合に向けて練習会を3日間行います。交流試合の翌日は、東大阪市内を車いすで観光します。

 1日だけの参加も可能で、参加は無料。スポーツ用、福祉用の車いすの貸し出しも無料です。

 また、10月20日(土曜日)には、さまざまな種類のウィルチェアースポーツ体験と、‟食”も楽しんでいただけるウィルチェアースポーツフェスティバルを開催します。

日程・内容

 

日程

内容

練習会(1)

10月13日(土曜日)

午前10時~11時

交流試合を目指し、練習を行います。車いすソフトボール選手のレクチャーを受け、まずはみんなでスポーツ用車いすを操作してみます。専用広場でこいで、駆け抜けて、パラアスリート気分を味わってもらいます。

練習会(2)

10月27日(土曜日)

午後1時~2時

練習会(3)

11月10日(土曜日)

午前10時~11時

交流試合

11月24日(土曜日)

午前10時~午後3時

試合形式で練習の成果を発揮してもらいます。関西の車いすソフトボールチームのほか、広島からもチームが参戦する予定です。

ウィルチェアーツーリズム

11月25日(日曜日)

午前10時~午後1時

車いすで東大阪市内を散策します。散策中に得た気づきは共有し、バリアフリーマップ作成に活かしていきます。

ウィルチェアースポーツフェスティバル

10月20日(土曜日)

午前10時30分~午後2時

さまざまなウィルチェアー体験と“食”を楽しんでいただきます。パラアーチェリーの上山選手が来場予定。

場所

東大阪市ウィルチェアースポーツ広場

(東大阪市若草町8-25・枚岡アクア駐車場西側)

ウィルチェアースポーツ広場について(外部リンク)

参加方法

定員:いずれも申込先着15名(最少催行人数10名)

申込方法:行事名、住所(郵便番号も)、氏名(ふりがなも)、年齢、電話・ファクス番号、電子メールアドレスを、電話または電子メールでお申込みください。

申込み先:一般社団法人 日本車いすスポーツ振興協会

電話 072-985-0011 電子メール ts@bca-inc.jp

※10月20日(土曜日)のウィルチェアースポーツフェスティバルは申込み不要です。

※雨天時の対応は、ウェブサイト等でお知らせします。

beyond2020プログラムの認証を受けました

beyond2020プログラムとは、多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を国内外に発信する取組みです。


<beyond2020プログラムの認証要件>

日本文化の魅力を発信する事業・活動

※日本文化とは、伝統的な芸術からクールジャパンとして世界中が注目するコンテンツ、和食などの食文化、祭りや伝統的工芸品など、多様なものを含んでいます。

多様性・国際性に配慮した、以下のいずれかを含んだ事業・活動

◎障害者にとってのバリアを取り除く取組み

◎外国人にとっての言語の壁を取り除く取組み

beyond2020プログラムについて(外部リンク)

お問合せ

東大阪市 スポーツのまちづくり戦略室 

電話: 06(4309)3019

ファクス: 06(4309)3847

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


ウィルチェアースポーツ体験と車いす観光プログラム参加者の募集への別ルート