ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

偽造医薬品の流通防止に係る省令改正についてのお知らせ

[2018年3月26日]

ID:21981

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

医薬品医療機器等法施行規則の一部を改正する省令等が施行されました

 平成29年1月に発生したC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品流通事案を受け、偽造医薬品流通の再発防止に係る省令改正等が行われ、一部を除き平成30年1月31日に施行されました。

主な改正点

  • 医薬品の譲受時及び譲渡時における薬局開設者等の書面記載事項の追加
  • 複数の事業所について許可を受けている事業者における医薬品の移転に関する規定の新設
  • 医薬品に施された封を開封して分割販売する者の記録義務に係る規定の新設
  • 薬局等の構造設備の基準の追加
  • 医薬品の貯蔵設備を設ける区域に立ち入ることができる者の特定に関する規定の追加等
  • 偽造医薬品の流通防止のための業務手順書の作成及び当該手順書に基づく業務の実施
  • その他(従事者研修、管理簿の記載事項の追加 等)

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 環境薬務課 

電話: 072(960)3804

ファクス: 072(960)3807

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム