ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

荒川庁舎敷地の有効活用に向けたサウンディング型市場調査

[2017年11月22日]

ID:21011

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【平成29年11月22日】質問及び回答を掲載します

ファイルダウンロード

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

荒川庁舎敷地の有効活用に向けたサウンディング型市場調査を実施します

調査の目的

 平成25 年11 月に策定した「東大阪市公共施設再編整備計画」、平成29 年1月に策定した「市民会館跡地及び荒川庁舎敷地活用方針」(下記参照)の中で、荒川庁舎敷地に事業用定期借地権を設定し、周辺環境の変化による今後更なる利便性の向上が見込まれる中、民間施設を誘致し内外から多くの人々が訪れる拠点として、有効活用に向けた検討を行うこととしています。
 その有効活用にあたっては、行政内部の検討だけで活用方法や公募条件を設定するのではなく、事前に前提条件等を伝えた上で民間事業者との対話の場を設け、市場性や活用アイデアを把握し、民間事業者が参入しやすい公募条件の整理を行うとともに、課題解決に向けて優れた事業提案を促すことなどを目的にサウンディング型市場調査(以下「サウンディング」という。)を実施するものです。

調査にあたっての主な前提条件

 河内永和駅から南に向かう永和駅前商店街と、布施駅から河内永和駅の高架下にポッポアベニュー商店街が形成されていますが、特に永和駅前商店街は、近年、住宅や空き店舗が見受けられる状況にあります。当該地の活用にあたっては、新大阪駅へ直通となる利便性に恵まれた交通アクセスを踏まえた上で、「東大阪市観光振興計画」を推進すべく大勢の方々を地域に呼び込む観光まちづくりに取組む本市の状況を把握していただき、主目的として宿泊施設の誘致を想定しています。

サウンディングの実施概要

調査の名称

 荒川庁舎敷地の有効活用に向けたサウンディング型市場調査

調査のスケジュール

 
日程  内容
 平成29年11月1日(水曜日) 本調査の実施要領の公表
 平成29年11月9日(木曜日) 17 時30 分まで 現地見学会募集申込締切
 平成29年11月13日(月曜日) 現地見学会
 平成29年11月16日(木曜日) 17 時30 分まで 質問受付締切
 平成29年11月22日(水曜日) 質問回答
 平成29年11月24日(金曜日)~11月28日(火曜日) 参加申込受付期間(エントリーシート提出期限)
 平成29年11月30日(木曜日) サウンディング実施日時及び場所の連絡
 平成29年12月28日(木曜日) 正午まで 事前ヒアリングシート提出締切
平成30年1月15日(月曜日)~1月19日(金曜日)サウンディング実施
 平成30年2月中旬以降 調査結果概要の公表

サウンディングの対象者

 事業者は、当該地の活用の実施主体となる意向を有する法人又は法人グループとします。


※その他、詳しくは実施要領をご覧ください。

実施要領・様式等

お問合せ

東大阪市 経営企画部 資産経営室 

電話: 06(4309)3017

ファクス: 06(4309)3826

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


荒川庁舎敷地の有効活用に向けたサウンディング型市場調査への別ルート