ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

指定介護保険事業者の指定更新について

[2017年03月30日]

ID:19329

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1 指定更新制度の概要

 平成18年4月の介護保険法改正により、指定基準等を遵守し適切な介護サービスを提供することができるか、定期的にチェックする仕組みとして事業者の指定に有効期間(6年)が設けられました。事業者は6年ごとに指定の更新を受けることとなります。

 過去に取消し処分を受けるなど不祥事を起こした事業者については指定更新を受けることができません。また、「休止中の事業所」についても指定の更新はできません。

2 指定更新手続

 指定更新手続については、東大阪市福祉部指導監査室施設課のホームページから様式をダウンロードしてください。指定更新対象事業所には、指定有効期間満了日の概ね1~2か月前を目処に通知することとしています。更新手続期間に申請書提出は完了しなければなりませんので、早めの提出をお願いいたします。指定更新手続きを行わなかった場合、指定有効期間満了をもって、指定の効力を失います。

3 指定更新手数料と申請書受付

 東大阪市では、受益者負担の考え方により、介護保険法に基づく介護保険サービス事業者の新規指定申請及び指定更新申請について、市条例に基づき、手数料を徴収しております(参考:指定地域密着型サービス事業者等の指定・更新に係る手数料の徴収について)。手数料について納付書を案内通知に同封しておりますので、納付期限までに所定の金融機関で納付していただきますようお願いいたします。更新手続期間より前に受付を行うことはしておりませんのでご了承ください。

4 更新手続きの流れ

(1)更新のお知らせ(通知)〔福祉部指導監査室施設課 → 事業者〕

指定有効期間満了日の概ね1~2か月前頃に事業者に通知します。通知が届かない場合は、ご連絡ください。

                ↓

(2)更新申請書の作成   〔事業者〕

指定更新申請に必要な書類を市のホームページからダウンロードしてから作成してください。なお、変更届出書を提出する必要がある場合は、別途届出を行ってください。

                ↓

(3)更新申請書の提出(来庁) 〔事業者→福祉部指導監査室施設課〕

必要書類が揃っているか確認し、担当者に事前に予約の上、来庁してください。郵送での受付は、行っておりません。また、同封する納入通知書(更新手数料)を期限内に納付してください。

                ↓

(4)更新申請書の審査  〔福祉部指導監査室施設課〕

書類審査上、提出頂いた書類内容の確認でご連絡する場合があります。

                ↓

(5)更新書交付の案内(連絡)〔福祉部指導監査室施設課 → 事業者〕

更新書は来庁にて手渡し致します。

お問合せ

東大阪市 福祉部  指導監査室 施設課 

電話: 06(4309)3315

ファクス: 06(4309)3813

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム