ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

訪問型助け合いサービス・通所型つどいサービス事業の実施について

[2017年8月2日]

ID:18556

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

訪問型助け合いサービス・通所型つどいサービス事業の実施について

事前準備

東大阪市訪問型助け合いサービス・通所型つどいサービス事業への参入をご検討いただいております団体、グループさまへ事業実施計画書の受付を開始させていただきます。

事業の目的

東大阪市の高齢者が住みなれた地域で生活し続けることができるよう、地域住民や市民ボランティア等が主体となって、簡単な生活支援の助け合いや、介護予防として地域住民がつどえる場づくりを目的としています。

対象事業

平成29年4月から開始しました東大阪市介護予防・日常生活支援総合事業における介護予防・生活支援サービス事業の類型で住民主体のサービスである訪問型助け合いサービスと通所型つどいサービスが対象です。

この訪問型助け合いサービスと通所型つどいサービスは、サービス事業費として対価を受け取るサービスではなく、市が事業の活動に関する費用を補助(=補助金を交付)する仕組みとなっております。

対象者

事業に参入いただける団体、グループさま(以下「グループ等」という。)は東大阪市に活動拠点及び活動対象地域があり、2人以上で構成される自立したグループ等とさせていただきます。

*立ち上げの支援や他の補助金制度を受けておられるグループ等の活動であれば参入いただくことができない場合がありますのでご留意ください。

サービス従事者の資格について

サービス提供に従事される方は次のいずれかの資格が必要になります。

  • 市長が指定する研修修了者
  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修修了者、その他介護保険法第8条第2項に規定する政令で定める者

*訪問型助け合いサービスについては、サービス提供に従事するすべての方においてこの資格が必要となります。
*通所型つどいサービスについては、サービス提供に従事する方の中で少なくとも1人はこの資格が必要となります。

事業実施日及び受付期間

事業開始日:平成29年10月1日(日曜日)

受付期間:平成29年7月24日(月曜日)から平成29年9月8日(金曜日)まで。

事前に日時を電話予約の上、提出書類を地域包括ケア推進課まで持参ください。郵送による受付はいたしません。

なお、提出書類については確認の上で修正や資料の追加をお願いすることがあります。書類の修正や追加資料の提出を上記受付期間内に完了してください。上記受付期間内に完了できない場合、次回の受付機会での受理となります。

必要書類

東大阪市訪問型助け合いサービス・通所型つどいサービス事業実施計画書に下記の書類を添付し市へ提出してください。

  • 訪問型助け合いサービス事業実施計画概要書
  • 通所型つどいサービス事業実施計画概要書
  • 収支予算書
  • サービス従事者名簿
  • 誓約書
  • 照会同意書
  • ボランティア保険等の証書(事業開始日までにご提出ください。)
  • 会場の平面図(通所型のみ)
  • 会則

サービス事業の実施

サービス事業の実施にかかる参考様式

参考様式(訪問型助け合いサービス・通所型つどいサービス共通)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。
Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

担い手(市民ボランティア)向け説明会

平成29年7月に東大阪市介護予防・日常生活支援総合事業担い手(市民ボランティア)向け説明会を開催いたしました。

開催した日時と当日の資料はこちらになります。東大阪市介護予防・日常生活支援総合事業担い手(市民ボランティア)向け説明会