ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

感震ブレーカーの設置について

[2016年9月5日]

ID:18046

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

感震ブレーカーとは

 「感震ブレーカー」は、地震を感知すると自動的にブレーカーを落として電気を止める装置です。また、災害時における電気復旧時の火災予防にも効果が期待できます。

リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

地震時等に著しく危険な密集市街地について

 「地震時等に著しく危険な密集市街地」である若江・岩田・瓜生堂地区は、住宅を新築や改築する際、地震時による電気火災対策に効果的な「感震ブレーカー」の設置を優先的に求める地域として、内閣府から公表されました。

 なお、既存住宅についても「感震ブレーカー」の設置を促進しています。

関係リンク先

お問合せ

東大阪市 建築部 市街地整備課 

電話: 06(4309)3215

ファクス: 06(4309)3834

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム