ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

第四次水道施設整備事業

[2020年8月18日]

ID:17436

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第三次水道施設整備事業に引き続き、山間部の送配水機能のシステム強化を実施すると共に、平区配水機能の強化を推進する基幹施設(配水施設)を耐震整備し、地震等災害に対応する安全性の確保・向上や老朽化施設の更新を図ります。

具体的には、施設整備事業において、基幹施設である上小阪配水場の耐震化更新事業をはじめ、水走配水場や五条中区配水池、菱屋西配水場等における機械設備や電気設備の更新、可搬式の非常用発電設備を導入することによって、災害時における山間地域の飲料水確保を図ります。また、管路整備事業においては、山間施設への送配水兼用管路を分離することによって水圧の安定性を保つと共に、基幹施設間の水融通を図る基幹施設連絡管路や病院等への重要給水施設への供給管路、また基幹管路及び経年配水管の耐震化更新などを実施し、地震等災害時においても水の安定供給を図ります。

事業期間

平成28年度~令和2年度(5か年計画)

事業概要

令和2年度 総事業費 約34億7,990万円

   【施設整備事業】 約18億1,332万円

       ・上小阪配水場整備事業

       ・菱屋西配水場整備事業

       ・五条低区配水池整備事業

       ・五条中区配水池整備事業

       ・その他施設整備事業  等

   【管路整備事業】 約13億289万円(延長約6,700m)

       ・基幹施設連絡管関連事業

       ・送水管関連事業

       ・基幹管路整備事業

       ・配水支管網整備事業  等

   【その他事業】 約3億6,369円


お問合せ

東大阪市 上下水道局水道施設部 施設整備課 

電話: 06(6724)1221

ファクス: 06(6721)2374

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


第四次水道施設整備事業への別ルート