ページの先頭です
メニューの終端です。

生産技術を学びたい学生【募集中】と少しだけ手伝って欲しい生産者のマッチングをしています

[2015年10月29日]

ID:16200

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「ひっしのぱっちで紡ぐ農(モノ)づくり」

 東大阪をはじめとして、都市農業において農地を維持していく上で特に問題となっているのが、担い手不足と技術継承です。現に東大阪市内で営農しているのは70代前後の高齢生産者が多く、そのご子弟はサラリーマンなどをされている兼業様態がほとんどを占めています。高齢生産者が何らかの原因で農業生産活動が出来なくなった場合、ご子弟が農業生産を継承するとは限りません。その場合、農地がなくなるだけでなく、大規模産地と異なる消費地近郊農業特有の栽培技術も消え去ってしまいます。同時に、消費者は自分の目で見える畑で作られる「安心できる農産物」を購入する機会を失ってしまいます。(東京都のアンケート調査では、住民の85%の方が「都市部に農地を残したいと思う」と答えています)

 高齢生産者の多くは、良いものを作って消費者に安心して食べてほしい、自分は農の職人として農業を続ける、自分の健康のために、などさまざまな理由で農業を続けたいと考えています。一方で、加齢により思うように体が動かないため、誰かに助けてほしいという願望も持っています。しかし、誰でもいいから助けて欲しいわけではなく、農業の基礎的知識や農業への想いを持っている人に助けて欲しいと考えています。

 こういった背景を踏まえ、担い手不足と技術継承という問題を解決し、同時に、消費者が食べたいと思う「安心できる農産物」を将来にわたって担保するため、『農業生産者のご子弟で、農業を職にしようと思っている学生、もしくは農業を職にするかどうか迷っている学生』と、『高い栽培技術を持つ東大阪市の高齢生産者』のマッチングを開始します!!(イメージイラストは下方PDFを参照)

 マッチングのメリット

  • 生産者は、少しの人手で昔と同じ量もしくはそれ以上の農産物の栽培が可能になります。
  • 参加する学生は、授業のない好きな時に農作業のお手伝いをしながら農業技術を学び、同時にその畑の一角で自分の思うような栽培にチャレンジ、場合によっては出来た農産物の販売にもチャレンジし、実践マーケティングを通して東大阪市の消費者とコネクションを構築できます。
  • 消費者は、一昔前と同様に、目に見える畑で生産された「安心できる農産物」を購入できます。

 また、将来、参加した学生が生産者(U・J・Iターンを含む)となって、それぞれの畑で「Made by Higashiosaka」の野菜を生産し、活動期間中に繋がった東大阪市の消費者に農産物を供給することで(例え東大阪市の農地が減少した場合でも)消費者の「安心できる」というニーズを満たす農産物の購入機会もさらに増え、生産者となった学生の経済的安定にも寄与できる仕組みにもなっています。

 都市農地での生産力の維持・向上が図られ、少量多品目栽培や軟弱野菜など消費地近郊農業特有の技術を未来ある若者に引き継げ、結果として東大阪市の農地が守られるという新たな形の、未来投資型の都市農業活性化スタイル『ひっしのぱっちで紡ぐ農(モノ)づくり』を東大阪市農業振興啓発協議会(東大阪市経済部農政課事務局)が運営・コーディネート・サポートします。

 

  • 求める学生 農業生産者の子弟で、将来的に農業をやろうという意志がある、もしくは農業をするかどうか迷っている人で、かつ、学校の授業を最優先でき、東大阪市内外を問わず、大阪近辺に住み東大阪市の農地まで通える人。
  • 求める生産者 東大阪市内の生産者で、少しの人手があれば生産維持もしくは生産拡大が可能であり、かつ、これまでに培った生産技術を教えることができ、学生のために少しの生産チャレンジ圃場を提供できる人。
  • 活動サポート 東大阪市農業振興啓発協議会が、あらかじめ両者のニーズを把握し、学生・生産者をマッチングします。その後は、農作業したい、手伝って欲しい等の連絡を直接とりあい、無理のない程度の頻度で農作業を行い、場合によっては出荷・販売を行います。販売に関して依頼があれば、東大阪ふれあい祭でのブース設置や市内レストラン等への斡旋サポートを協議会が行います。

   一般社会人等の援農ボランティア希望者は、「大人のための農業体験プログラム『いも」」を通じてマッチングを行っています(クリックすると別ページへ移動)

ひっしのぱっちで紡ぐ農(モノ)づくりのイメージイラスト

活動イメージ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

【お問合せ・ご相談】

この取組や援農などに関するお問合せ・ご相談は、東大阪市農業振興啓発協議会事務局の東大阪市経済部農政課までご連絡ください。

電話:06-4309-3180

お問合せ

東大阪市 経済部 農政課 

電話: 06(4309)3180

ファクス: 06(4309)3846

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム