ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

東大阪市公立学校施設整備計画(平成25年度)

[2013年4月1日]

ID:11231

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

施設整備計画について

東大阪市では、「義務教育諸学校等の施設費の国庫負担等に関する法律第12条第4項」に基づき東大阪市公立学校施設整備計画を策定いたしました。この施設整備計画を基に本市の公立の義務教育諸学校施設に係る耐震化や改築等の事業を進めてまいります。

東大阪市の状況

保有校数および耐震化の状況等(平成25年4月1日)

学校
 区分

学校
園数

保有
棟数

保有棟等のうち昭和56年
以前に建設された棟

耐震診断
実施率

うち耐震性
のある棟

うち耐震性
の無い棟

小学校

 54校

 300棟

       268棟

  100%

  104棟

  164棟

中学校

 26校

 144棟

       106棟

  100%

   26棟

   80棟

高等学校

  1校

   7棟

        6棟

  100%

   2棟

   4棟

幼稚園

 19園

  17棟

        15棟

  6.7%

   0棟

   1棟

平成25年度の整備に関する目標について

(1)地震、津波等の災害に備えるための整備

昨年度に実施設計業務が完了した小学校12校の校舎28棟・中学校2校の校舎4棟について平成25年度までに耐震補強を実施する。また補強方法として解体した校舎の改築を小学校1棟・中学校1棟実施する。平成25年度の目標耐震化率について、小学校:55.0%、中学校:47.2%と設定する。

(2)防犯対策など安全性の確保を図る整備

鉄骨階段及び渡り廊下の耐震2次診断を実施した結果、判定委員会より取り壊しが望ましいと認められたもので、撤去後2方向避難のために復旧が必要なものを整備する。

(3)教育環境の質的な向上を図る整備

過大規模校における学習環境を改善するため、成和小学校で校舎増築工事を実施する。
 また、新増築校舎には太陽光発電装置を導入し、環境に配慮した学校施設整備をめざすとともに、将来を担う子ども達が地球温暖化防止・省エネ・省資源対策への意識を高めるような教育環境の改善を図る。

・平成25年度 成和小学校

・平成25年度 八戸の里小学校

・平成26年度予定 俊徳中学校

 他にも、小学校7校および中学校3校において老朽化したトイレ整備(和式便器の洋式化および床の乾式化)を行う。また、耐震補強を実施する中学校2校においては、平成10年度前後に整備した空調設備の機器更新を行う。
 さらに、大蓮小学校については、平成27年4月より大蓮東小学校との統合を控えており、統合校として内部環境の充実を図る必要があることから、整備を行う。

お問合せ

東大阪市 教育委員会事務局 施設整備室 

電話: 06(4309)3335~3337、3853

ファクス: 06(4309)3837

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム