ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

ひとり親家庭医療費助成制度

[2019年5月22日]

ID:10937

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ひとり親家庭医療費助成制度とは

対象になる方(下記参照)が、医療機関等で受診されたときに支払う保険診療の自己負担金の一部を公費で助成するものです。

対象になる方

東大阪市に居住地を有している健康保険保険加入者のうち、次に掲げる子で、18歳に到達した日以降の最初の3月末日までの子と、その子を監護している父、母またはその子を養育している養育者で、所得が所得制限未満の方です。

  • 父母が婚姻を解消した子
  • 父または母が死亡した子
  • 父または母が重度障害の状態にある子
  • 母が婚姻によらないで出産した子
  • 父または母が生死不明である子
  • 上記に準ずる状態にある子で規則で定めるもの(遺棄・拘禁)
  • 父または母が配偶者からの暴力(DV)で裁判所からの保護命令を受けている子

所得制限額について

1月から9月に新たに適用を受ける方は前々年中の所得、10月から12月に新たに適用を受ける方は前年中の所得で判定します。

(所得より控除できるものがあります。)

所得制限額表
 扶養人数父、母または養育者  孤児等の養育者、扶養義務者
 0人 192万円未満 236万円未満
 1人

 230万円未満

 274万円未満
 2人 268万円未満 312万円未満
3人目以降 1人増すごとに扶養人数2人の額に38万円を加算した額 1人増すごとに扶養人数2人の額に38万円を加算した額

※震災、風水害、火災その他これらに類する災害により、本人又は扶養親族等の所有する住宅、家財等の財産について被害金額(保険金、損害賠償金等により補充された金額を除く。)がその価格の概ね2分の1以上である場合、その損害を受けた月から翌年の10月までの間、所得に関係なく医療費の助成を受けることができます。

※養育費がある方は、養育費の8割を所得として算入します。

対象にならない方

  • 健康保険に加入されていない方
  • 生活保護を受給されている方
  • 所得が所得制限額を超えている方(上記「所得制限額表」参照)
  • 児童福祉法に基づく措置により施設入所されている方
  • 国等の公費負担によって医療費の全額支給を受けることができる方


医療証の交付申請について

対象になる方は、医療証の交付申請が必要です。

→申請方法等については、こちらをご覧ください。

助成の内容について

医療証に関する届出について

医療証をお持ちの方の健康保険が変わったときや、東大阪市を転出される場合等は、届出が必要です。

→詳しくは、こちらをご覧ください。

お問合せ

東大阪市 市民生活部 医療助成課 

電話: 06(4309)3166

ファクス: 06(4309)3805

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム