ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

薬品類は適切に保管・管理しましょう

[2018年06月01日]

ID:10934

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ご家庭において、農薬や水酸化ナトリウム・塩酸などの薬品類を保管されている場合、以下の点に注意して、適切な保管・管理を行ってください。
また、医薬品や食品と同じ場所で保管しないでください。

保管・管理についての注意点

  • 農薬や水酸化ナトリウム・塩酸などの薬品類は、安全な場所に保管するなど保管場所に十分注意しましょう。なお、毒物および劇物に指定されている薬品類については、施錠して保管することが法律で義務付けられています

  • 保管場所から薬品類を持ち出した際には、子どもや作業に関係のない人が誤って手にすることのないよう、薬品類から目を離さず、作業終了後は速やかに保管場所に戻しましょう。

  • 薬品類やその希釈液、残渣等を飲食品の空容器等へ移し替えることはやめましょう。なお、毒物および劇物を飲食物容器に入れることは、法律で禁止されています

  • 不要になった薬品類や空容器、空袋は関係法令を遵守し、廃棄物処理業者に処理を依頼する等により適正に処理しましょう。

  • 薬品類の廃棄には、購入時以上の処理手数料がかかる場合があります。薬品類は計画的に購入・使用し、使い切るように努めましょう。

なお、保健所では不用薬品類の回収は行っておりません。不用薬品類の処分は、専門業者に依頼してください。

6月1日から8月31日までは「農薬危害防止運動」期間です

 農林水産省は、厚生労働省、環境省等と共同で、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬の使用等を推進する「農薬危害防止運動」を6月から8月にかけて実施します。

 詳細については農林水産省のウェブサイトをご覧ください。
「2019年度農薬危害防止運動の実施について」(農林水産省) (外部サイトに移動します)

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 環境薬務課 

電話: 072(960)3804

ファクス: 072(960)3807

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム