ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成24年6月1日 オリックスが市長に市内でのプロ野球開催を要望

[2012年6月15日]

ID:8426

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

オリックスが市内でプロ野球開催を要望している写真

 プロ野球ウエスタン・リーグ(2軍戦)に所属するオリックスバファローズの関係者が1日、市役所を訪れ、野田市長に花園セントラルスタジアム(花園中央公園野球場)でのオリックス主催ゲームの開催を要望しました。

 オリックスバファローズの2軍は、グリーンスタジアム神戸サブ球場などを主戦場としていますが、新規ファン獲得のためウエスタン・リーグの公式戦を関西各地で行うことに力を入れています。

 オリックス側の担当者が「球場を視察したときに、ホームベースから見える生駒山の景観、選手目線で観戦できるスタンドの低さなどがアメリカ独立リーグの球場のような印象を受けました。毎年開催し、地域の盛り上がりに貢献できれば」と話すと、市長は「実現すれば子どもたちにとっても、夢と希望が膨らむと思います」と話していました。

 今後市側とオリックス側で同球場の空き状況や日程などを調整し、開催の可否や時期を決定します。

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム