ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

ふるさと東大阪応援寄附金(ふるさと納税)の活用

[2015年8月31日]

ID:7288

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

未来を築く魅力あるまちづくりを!

 将来都市像として、市民との協働によって、都市の個性を活かし、豊かであたたかい福祉環境づくりと効率的で活力ある行財政運営などに努めることによって、安全で快適に住み、元気に働き、生涯にわたって学び、憩い、楽しむことができる世界に開かれた夢と活力あふれる元気都市の創造をめざしていきます。
  「東大阪市を応援したい」という思いをお持ちの多くの皆さんからのご寄附を基金に積み立て、次のような施策に活用させていただきます。

ラグビーのまち東大阪の推進に 『ラグビーのまち東大阪基金』

 東大阪市花園ラグビー場は、花園中央公園内にあり、全国高校ラグビーフットボール大会や全国ジュニアラグビーフットボール大会の会場として使用され、国際試合から小・中学生や社会人の数多くの試合やイベントを行っています。

  この全国高校ラグビーフットボール大会の「聖地」でもある「東大阪市花園ラグビー場」の周辺整備やイベント等に「ふるさと東大阪応援寄附金」を活用して、ラグビーの推進に参加してみませんか。

 また、これまで東大阪へのラグビーに関するふるさと応援寄附金へのご協力や、多くの皆さんからご協力をいただいた結果、平成27年3月2日にラグビーワールドカップ2019の開催会場として『東大阪市花園ラグビー場』が決定しました。

 今後は、ラグビーワールドカップ2019花園開催に向け、大会準備に係る費用や花園ラグビー場の整備費用等が必要になってきます。本寄附金の趣旨にご賛同いただき、引き続き、皆さんからのご協力をお願い申し上げます。

 なお、全国高校ラグビーフットボール大会の支援やラグビーの普及・育成など『ラグビーのまち東大阪』の推進にも引き続き取り組んでまいりますので、併せてご協力のほどお願い申し上げます。

未来を築く ふるさと東大阪応援寄附金

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

主な施策例

ラグビーフットボール大会のバルーンアーチ

・全国高校ラグビーフットボール大会を全面支援
・ラグビーワールドカップ2019花園開催の運営等
・東大阪市花園ラグビー場の整備等
・ラグビーの普及・育成等

その他の施策も寄附金を募集しています

 「ラグビーのまち東大阪の推進」以外にも寄附金を募集しています。
 東大阪市へのふるさと納税では、次の各施策について、ご寄附いただけますので、ご協力をお願いします。

 ※施策を指定せずに、ご寄附いただくこともできます。

施策の一覧

  • ラグビーワールドカップ2019の成功と「ラグビーのまち東大阪」を推進する施策
    (ラグビーのまち東大阪基金)
  • 子どもの安全対策及び地域とともに子どもを育成するまちづくりを推進する施策
    (愛はぐくむ子どもスクラム基金)
     
     
  • 東大阪市域にはぐくまれた歴史、伝統、文化、産業等を生かした独創的、個性的なまちづくり事業を推進する施策
    (ふるさと創生基金)
     
     
  • 高齢者及び障害者の福祉の向上を目的とする地域福祉事業を推進する施策
    (地域福祉基金)
     
     
  • 地球環境への負荷の低減、地域環境の改善その他の豊かな環境を創造する事業を推進する施策
    (豊かな環境創造基金)

ふるさと納税のイメージ

(1)ふるさと納税

 ふるさと納税は、ファクス、電子メール、若しくは直接市役所にご来庁いただきお申込みいただくことができます。お申込みいただきますと、本市より寄附に必要な納付書をお渡しいたしますので、この納付書により寄附金の納入を行ってください。

(2)受領書

 本市よりお渡しする納付書でお支払いいただくと、入金窓口で領収証書をお渡しします。こちらの領収証書が受領書となり、確定申告時に必要となる書類となりますので、大切に保管していただきますようお願いします。(領収証書の再発行はできませんので、ご注意ください。)

(3)確定申告

ふるさと納税による税の控除を受けるには、ふるさと納税をした翌年に、確定申告を行っていただくことが必要となりますので、必ず、確定申告を行っていただきますようお願いいたします。(確定申告されない場合は、税の控除を受けることができません。)

ふるさと納税ワンストップ特例制度の新設について

平成27年4月1日よりふるさと納税の法律が一部改正され、一定の条件に該当される方については、確定申告が不要となりました。この制度をご利用いただくには、この制度を利用するための申請用紙の提出が必要となります。

詳細については、次のふるさと納税ワンストップ特例制度の概要をご参照ください。

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度の概要

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、

 (1)確定申告が不要な給与所得者の方

 (2)ふるさと納税の寄附先が5市町村以内

 の両方の条件を満たされる方が、この制度を利用する申請書をご提出いただくことによって、確定申告の手続きが不要となる制度です。

 上記の条件を満たされない方や、この制度を利用されない方は、通常通り、確定申告が必要となりますので、ご注意ください。

 特例制度をご利用いただくのに必要な申請用紙は、ファクス・郵送・電子メールで申込する場合のページ(下記↓のリンク先)に掲載しておりますので、ダウンロード頂き、寄附申込時に併せて申請いただきますようお願いします。

 

 

寄附のお申込方法

ご注意

  • 東大阪市ではお電話で振込先をお伝えすることはございません。
  • 東大阪市ふるさと応援寄附金をかたった寄附の強要や詐欺行為などには十分ご注意ください。

お問合せ

東大阪市 経営企画部 企画室 

電話: 06(4309)3101

ファクス: 06(4309)3826

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています