ページの先頭です

工場・事業場などの省エネルギー改修費用の一部を補助します

[2016年5月12日]ID:5452

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

市では、中小企業の設備の省エネルギー化を促進することにより、産業部門の温室効果ガス排出量の削減を図るため、省エネ診断に基づく改修にかかる費用の一部を補助します。

募集期間

平成28年5月16日(月曜日)から
平成28年12月28日(水曜日)まで

土曜日、日曜日、祝日は除きます。

補助金額

上限150万円(対象経費の3分の1以内)

補助金額に千円未満の端数が生じた場合は、切り捨てた額とします。

募集件数

20件程度

先着順で受付け、予算額を上回った場合は、受付けを終了します。

補助対象となる改修

中小企業者の工場等でエネルギー及び二酸化炭素の削減効果が把握できる省エネ設備等(以下に示す設備)に改修すること。(工事を伴うものに限る。)

(1)燃焼設備 (2)熱利用設備 (3)廃熱回収設備

(4)コージェネレーション設備 (5)電気使用設備 (6)空気調和設備 

(7)給湯設備 (8)換気設備 (9)昇降設備 (10)照明設備 

(11)余剰蒸気活用設備 (12)建築設備 (13)再生可能エネルギー発電設備

対象要件

  • 市内で、引き続き1年以上事業を営んでいること。
  • 市税を滞納していないこと。
  • 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項の各号に規定する中小企業者であること。(ただし、風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項に規定する風俗営業を除く。)
  • 省エネ診断を受けており、その診断に基づき設備改修を行うこと。(本市が実施する省エネ診断以外でも可。ただし、要綱に記載する一定基準以上の診断であり、報告書の提出が必要)
  • 申請時において、工事が未着工であること。
  • 補助対象経費が50万円以上であること
  • 当該事業による温室効果ガス削減量が対象事業所の年間温室効果ガス排出量の5%以上又は1トン以上であること(削減量は省エネ診断に基づく)
  • 3月末までに支払も含め事業が完了すること。

など、詳細については、補助金交付要綱をご覧ください。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請方法

申請書類一式を作成のうえ、東大阪市役所総合庁舎7階の環境企画課まで直接持参してください。郵送、ファクス、電子メール等による受付けはいたしません。

申請書類はこちらのページからダウンロードしてください。

事務手続きの流れ

申請書を受付後、審査を経て交付決定をします。

交付決定後に工事を着工していただき、工事完了後には必要書類をそろえて実績報告書を提出してください。

詳しくは、以下のフロー図をご覧ください。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

報告の義務

設備改修を実施した年度から起算して6年後の3月末までのエネルギー使用量及び温室効果ガス排出量を実績報告していただきます。

市への協力

地球温暖化防止に関する次の取り組みにご協力いただきます。

  • 市のホームページ等における省エネ設備改修の事例掲載
  • 市の地球温暖化防止に関する取り組みへの参加 など

省エネ改修事例

お問合せ

東大阪市環境部環境企画課

電話: 06(4309)3198 ファクス: 06(4309)3818

お問合せフォーム