ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

国民健康保険料の口座振替

[2019年5月1日]

ID:3462

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 保険料は原則として「口座振替」による納付をお願いしています。

 市役所や金融機関へ納期ごとに出向かなくても自動的に登録した口座から引落としができます。

申込方法等
申込み窓口 

東大阪市国民健康保険料口座振替取扱金融機関、ゆうちょ銀行、郵便局、保険料課、行政サービスセンター  
 ※ペイジーによる口座振替申込の場合は、保険料課または行政サービスセンターが窓口です。 

 持ち物 口座振替依頼書による申込の場合
  (1)預貯金通帳、(2)通帳届出印、(3)保険料決定通知書または被保険者証
ペイジーによる口座振替申込の場合
  ※Pay-easy(ペイジー)口座振替受付サービスについてはこちらのページをご覧ください。
 振替日 毎月27日(同日が休業日の場合は翌営業日)
 振替方法 一括振替:6月の振替日に全期を一括して引落とし
期別振替:6月から翌年3月まで1期分ずつ引落とし

 振替開始期

 開始月の20日ごろにハガキでお知らせします。
(6月開始の場合は決定通知書で確認してください)
  • 申込み後、手続きが完了するまでに1~2か月かかりますので、振替開始月までの保険料は納付書で納めてください。
  • 世帯主が変わったときや登録している振替口座を変えるときは再度申し込みをしてください。
  • 口座振替の対象となるのは6月から翌年3月までの現年度の保険料です。納期限が過ぎた分や過年度分、分割納付分については納付書で納めてください。
  • 一括振替は6月のみ行います。一括振替を選択していても、7月以降に振替開始となる場合や年度途中の増額分については期別振替となり、翌年度の保険料から6月に一括振替となります。
  • 振替方法(一括振替か期別振替)を変更する場合は保険料課または行政サービスセンターへお問合せください。

特別徴収(年金からの支払い)を口座振替に変更する場合の手続きについてはこちらのページをご覧ください。

 

東大阪市国民健康保険料口座振替取扱金融機関(平成31年4月1日現在)
銀行

三菱UFJ、りそな、みずほ、三井住友、北陸、関西みらい、池田泉州、南都、紀陽、阿波、百十四、京都、第三、大正、みなと、三菱UFJ信託、三井住友信託、ゆうちょ

信用金庫大阪、大阪厚生、大阪シティ、大阪商工、永和、尼崎、京都
信用組合大同、成協、のぞみ、近畿産業、ミレ
労働金庫近畿
農業協同組合グリーン大阪、大阪中河内

 

 

口座振替奨励金制度

 口座振替で10期分まで連続して納付し、完納されますと振替保険料額の1%を奨励金として年度終了後の5月末に登録されている口座に振込みます。

 一括での振替、期別ごとの振替、どちらも対象になります。

 また、年度途中から口座振替で納めた場合は、振替を開始した期別から10期分までが対象となります。

   平成30年4月より国民健康保険制度が「市町村ごとの運営から府域での運営」に変わること等に伴い、平成30年度分(令和元年5月末)の交付をもって国民健康保険料口座振替奨励金制度を終了することとなりました。制度終了へのご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

口座振替済通知書

 口座振替で納めた保険料は1月上旬に前年の1月から12月までの分をまとめて記載した通知書でお知らせします。

※各期別の口座振替日に振替えた金額を記載していますので、口座振替後に還付となった金額も含まれています。

※口座振替以外の支払い(納付書でのお支払いなど)は記載されません。

お問合せ

東大阪市 市民生活部 医療保険室 保険料課 

電話: 06(4309)3168

ファクス: 06(4309)3807

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム