ページの先頭です

形成外科

[2014年8月28日]ID:1919

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

診察担当医表

 ※都合により変更する場合があります。
 ※火曜日は外来診療はありません。

診察担当医表
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
市野 直樹市野 直樹市野 直樹大西 薫

医師紹介

形成外科担当医
役職医師名専門・認定等
主席部長

市野 直樹

日本形成外科学会専門医
府立成人病センター 関西労災病院 大阪警察病院などを経て、現在に至る。
医長大西 薫日本形成外科学会専門医

診療科の紹介

当科で治療している疾患について
やけど全身のやけど以外は、できるだけきれいに治るよう軟膏療法から手術にいたるまで行っています。
顔面骨骨折主に頬骨や鼻骨の骨折 新鮮な鼻骨骨折なら、その場で治します。
外傷主に、顔面、手足を切った、とげやガラスがはいったなど。
形成外科が縫った傷はきれいだという認識が高まっているのか、よく来られます。ありがたいことです。
ほくろ、あざ、
皮膚のできもの
ほくろで小さいものや、いぼなどは、その日にCO2レーザーでとれます。少し大きいもの、場所的に難しいものなどは、日帰り手術でとります。実際は、皮膚の良性腫瘍(おでき)をとる手術が一番多いです。できるだけきれいに治します。
がんを切除した後の再建舌、咽頭(のど)、乳房乳頭などを皮膚の一部を使って、つくります。顕微鏡で血管をつなぐ繊細な手術です。
傷をきれいにします。手術の跡や、事故ややけどの傷を、手術をしたり、お薬を使ったりしてきれいにします。ケロイド体質といわれている人でも、相談してください。
とこずれ
皮膚潰瘍
ひどい床ずれも、加療しています。入院できます。
まき爪つめが食い込んで、痛くてたまらないなど。日帰り手術をおこなっています。翌日から入浴OKです。
眼瞼下垂年をとるにつれて、まぶたが下がってきた。あるいは、生れつき瞼がさがっている。片方だけ下がってきたなど、皮膚を切除したり、瞼を上げる筋肉を縮めたりします。原則的に日帰り手術です。
さかまつげまつげが黒目に当たって痛いなど、9と同じですが、年齢によって、入院が必要なことがあります。
陥没乳頭手術をしないで治す方法もあります。

お問合せ

東大阪市立総合病院 事務局
電話:06-6781-5101
ファクス:06-6781-2194
お問合せフォーム