ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

耐震性貯水槽

[2019年3月13日]

ID:1900

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

震災・災害に備えて

震災等災害対策

耐震性貯水槽とは?

耐震性貯水槽

耐震性貯水槽とは、水道管の一部を太くした形のもので、普段は水道管の一部として使用しているため、常に清浄な水が流れています。震災等で水道管が破損した場合には、自動的に緊急遮断弁が作動して、貯水槽内の水が飲料水や消火用水として確保できる構造となっています。東大阪市では現在、市内に6カ所の耐震性貯水槽を設置しています。

耐震性貯水槽設置所

耐震性貯水槽設置所一覧
 住所施設名体積
1西岩田3丁目4番5号市立東大阪医療センター内100立方メートル
2松原南1丁目1016番5号市立花園中央公園内100立方メートル
3大蓮北4丁目3番51号市立長瀬南小学校内100立方メートル
4川田3丁目8号市立吉原北公園内100立方メートル
5森河内東1丁目10号市立布施公園内100立方メートル
6荒本北一丁目1番1号本庁舎内100立方メートル

お問合せ

東大阪市 上下水道局水道施設部 維持管理課 

電話: 06(6724)1221

ファクス: 06(6721)2374

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています