ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

[2018年9月3日]

ID:659

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

医薬品、化粧品等を海外からインターネット等を利用して取り寄せたり、外国の旅行先で購入して持ち帰ることを「個人輸入」といいます。個人輸入した医薬品等は、日本国内で法律(医薬品医療機器等法)を遵守して販売等されているものに比べて、次のようなリスクがあります。

  • 医薬品等の品質、有効性および安全性について、日本の法律(医薬品医療機器等法)に基づく確認がなされていない。
  • 期待する効果がなかったり、人体に有害な物質が含まれている場合がある。
  • 偽物や劣化品が送られてくることがある。
  • 医薬品等の効能・効果、用法・用量、使用上の注意等が外国語で記載されているため、一般に、記載内容を正確に理解することが困難である。
  • 医師、薬剤師等の専門家でも、十分な情報を持っていない。

以上により、医薬品等の個人輸入については、通常、メリットよりもリスクの方が大きな場合が多いと考えられます。そうした外国製品によって不利益を被るのは、それを購入・使用する人自身であることに留意してください。

詳細については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

厚生労働省ホームページ「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」(外部サイトへ移動します。)

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 環境薬務課 

電話: 072(960)3804

ファクス: 072(960)3807

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム