ページの先頭です
メニューの終端です。

飼い犬登録と狂犬病予防注射

[2017年2月26日]

ID:611

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 狂犬病の発生を予防するため、生後91日以上の犬の飼い主は、狂犬病予防法に基づき、飼い犬登録(生涯に1度)をし、飼い犬に毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせ、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を首輪につける義務があります。

飼い犬の登録について

飼い犬が生後91日以上になった又は生後91日以上の犬を飼い始めた飼主は、30日以内に必ず飼い犬登録をしてください。
また、引っ越しなどで市外から市内に飼い犬が移動した場合も、転入の届出が必要になります。

登録手数料 3,000円(転入の場合は鑑札の無料交換になります)
申請窓口 動物指導センターまたは保健所食品衛生課

狂犬病予防注射について

飼い犬の狂犬病予防注射は、お近くの動物病院や集合注射で必ず毎年実施しましょう。

集合注射の実施

毎年4月に、市内の小学校、中学校、公民分館、公園など集合注射を実施しています。
日程や場所については、平成29年度犬の集合注射(狂犬病予防注射)日程のページをご覧ください。

費用について

飼い犬登録をされていない場合(1頭につき)

登録手数料 3,000円
注射料金 2,700円
狂犬病予防注射済票交付手数料 550円 合計6,250円

飼い犬登録がお済みの場合(1頭につき)

注射料金 2,700円
狂犬病予防注射済票交付手数料 550円 合計3,250円

集合注射を受けることができなかった場合

 集合注射を受けることができなかった場合は、必ず動物病院で受けてください。東大阪市委託動物病院で狂犬病予防注射を受けられた場合は、委託動物病院にて、飼い犬登録、狂犬病予防注射済票の交付を受けることができます。注射費用、診察時間、休診日等の詳しい内容については、各動物病院までお問合せください。
 東大阪市委託動物病院以外で狂犬病予防注射を受けられた場合は、保健所食品衛生課または東大阪市動物指導センターでの事務手続きが必要となります。手続きには、動物病院で交付された狂犬病予防注射済証が必要です。必ずお持ちください。
 

関連リンク

お問合せ

東大阪市 健康部   動物指導センター 

電話: 072(963)6211

ファクス: 072(963)1644

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム