ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

飼い犬が捕獲されたとき

[2017年2月26日]

ID:84

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

飼い犬が捕獲されてしまった

すぐに東大阪市動物指導センターまでお問合せください。
東大阪市動物指導センターでは、毎日市内を巡回パトロールし、放し飼いの犬がいれば事故を未然に防ぐ目的で捕獲収容しています。
捕獲した犬があなたの飼い犬であると確認されれば、東大阪市動物指導センターにて返還いたします。その場合、返還手数料など(登録・狂犬病予防注射の有無、収容日数により変動)が必要になります。

飼い犬は飼い主が責任を持って管理しましょう

  • 放し飼い、放し散歩はやめましょう。行方不明になったり、事故にあう可能性もあります。大人しい犬でも、カミナリ、花火などに驚いて飛び出てしまうこともあります。
  • 必ず首輪をつけ、首輪に犬鑑札・注射済票・名札をつけましょう。名札には、飼い主の氏名、住所、電話番号を忘れず記載しましょう。マイクロチップの装着も有効な手段です。
  • 不妊・去勢手術をすると、繁殖期に逃げ出す確率が減ります。
  • 定期的にリードや首輪が破損していないか点検をしましょう。

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 食品衛生課 動物指導センター 

電話: 072(963)6211

ファクス: 072(963)1644

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム